fbpx

飲食店 独立 / 開業

小さい飲食店を開業するために必要な費用と経営戦略【メリデメも解説】


小さな飲食店 経営

こんにちは、Scheeme MAG編集部です。


お金が無いけど、飲食店を経営したいです。

上記の悩みを解決していきます。

飲食店を経営すると考えると、大規模な店舗で億万長者になるというイメージを持たれる人が多いでしょう。そのような経営方針もありますが、小さな飲食店を作って徐々に大きくしていくという方法もあります。

この記事では、お金がなくても開業しやすい小さな飲食店について解説。

これから飲食店を経営したいと考えている方は必見です。

①小さい飲食店の開業に必要な初期費用
②小さい飲食店のメリットデメリット
③小さい飲食店で成功するためにやるべきこと
④小さい飲食店を開業するために必要な手続きや資格

小さい飲食店を開業するのに必要な初期費用

小さい飲食店であれば、300万円〜800万円で開業することが可能です。

開業費をできる限り抑えたいのであれば、自宅を店にすることも検討しましょう。

規模を大きくするのは難しいですが、小さくするのは簡単です。用意できる開業費用と相談して、どのような店を作りたいか検討してください。

小さい飲食店を開業する4つのメリット

大きい店を作ることに夢を持っている人も多いですが、小さい飲食店にも多くのメリットがあります。

その中から厳選して4つのメリットを紹介するのでご覧ください。

小さい飲食店を開業する4つのメリット
①初期費用が安い
②固定費が低い
③常連さんが付きやすい
④面倒な手続きや作業が少ない

 

①初期費用が安い

小さい飲食店の開業であれば、初期費用を大きく抑えることができます。

お金がないけど飲食店を経営したいのであれば、小さく始めることがオススメです。

資金調達を行わずに、自己資金で開業することができるでしょう。

②固定費が低い

小さい飲食店は開業して赤字が続いても、固定費が低いので大きな負担になる可能性は低いです。

固定費の負担が少ない、リスクの低い経営を行う方が良いですよね。

初めて飲食店を経営するような方は、小さい規模でリスクが低い経営から始めることをおすすめです。

③常連さんが付きやすい

小さい飲食店は、常連さんが付きやすいです。

お店が小さいので、必然的に店主と距離が近くなります。コミュニケーションを取りやすい環境なので、お客さんと仲良くなれば常連さんになりやすいです。

大きいチェーン店は、店員さんとの距離が遠く、仲良くなるということは難しいですよね。

お客さんと近付ける点も、小さな飲食店のメリットです。

④面倒な手続きや作業が少ない

大きい飲食店であれば、提出しなければいけない書類が多くなります。

確定申告なども非常に面倒になるので、手軽に起業したいのであれば小さい飲食店がおすすめです。

小さい飲食店をするデメリット

小さい飲食店のメリットを4つ紹介しましたが、デメリットもあるのでまとめておきます。

小さい飲食店をするデメリット
①利益が少ない
② 仕入れが高くなる

 

①利益が少ない

小さい飲食店は、利益が非常に少ないです。

お客さんを入れられる人数も限られますし、在庫リスクを抑えるためにメニュー数も考えなければいけません。

お金を大きく稼ぐために起業しようと考えているのであれば、規模はできるだけ大きくするべきです。ただ、リスクが大きくなることも認識しておきましょう。

②仕入れが高くなる

大きい飲食店は、一気に商品を仕入れるので、原価を安く抑えることができます。小さい飲食店は一気に商品を仕入れないで、できるだけ在庫リスクを抑えることになります。

そのために、一気に食材を仕入れる大きな飲食店より仕入原価が高くなるでしょう。

小さい飲食店で経営を成功させるために

小さい飲食店のメリデメを確認して、それでも起業したいと思った方に向けて、成功させるためのポイントを3つ紹介します。

小さい飲食店で経営を成功させるために
①継続的に来てもらう施策
②高単価にする
③固定費を抑える

 

①継続的に来てもらう施策

小さい飲食店は広告費にお金をかけるのが難しいため、一度来て頂いたお客さんには継続的に来店して頂けるよう努力しなければいけません。

お客さんが何度も行きたいと思えるような施策を考えましょう。

曜日ごとにキャンペーンをしたり、ポイントカードやクーポンも良いですね。他の飲食店が継続的に来てもらうために行っている施策から良いものを真似すれば大丈夫です。

②高単価にする

小さい飲食店は、来客数が少なく利益を上げるのが難しいです。そのため、単価を上げて利益率を改善しなければいけません。

高単価にすることで、お客さんが離れる可能性も高くなりますが、経営していくためには仕方のないことです。

高単価でもお客さんが継続的に来れるようにしなければ、小さい飲食店で利益を出すのは難しいです。

③固定費を抑える

固定費は、できるだけ抑えましょう。

小さい飲食店であれば、人を雇う必要はありません。物件に関しても、可能であれば自宅の一部などを使用した方が良いでしょう。

きな規模の飲食店に比べて固定費は抑えやすいので、色々と節約をしてください。

小さい飲食店の開業に必要な資格と手続き

最後に、飲食店の開業に必要な資格と手続きをまとめておきます。

小さい飲食店の開業に必要な資格と手続き
①食品衛生責任者
②防火管理者
③個人事業の開廃業等届出

 

①食品衛生責任者

飲食店には、食品衛生責任者を必ず配置しておく必要があります

講習を受講すれば1日で習得できるので、早めに取っておきましょう

②防火管理者

お店の収容人数が30人を超える場合は、防火管理者選任届を提出する必要があります。

注意点としては、お客さんの数ではなく従業員を入れての人数で30人を超えてはいけないので、座席数が28で従業員が2人なら書類を提出しなければいけません。

③個人事業の開廃業等届出

事業を始める方は、個人事業開廃業等届出書を提出する必要があります。

法人化するのであれば違う届出が必要ですが、小さい飲食店であれば個人事業で問題ないでしょう。

小さな飲食店の開業まとめ

小さい飲食店を開業する4つのメリット
①初期費用が安い
②固定費が低い
③常連さんが付きやすい
④面倒な手続きや作業が少ない

 

小さな飲食店は、大きな店に比べて初期費用や固定費がかからないため、リスクが低いです。

お金がないけど飲食店を経営したのであれば、最初は小さく始めることをおすすめします。

小さい飲食店をするデメリット
①利益が少ない
② 仕入れが高くなる

 

規模が小さくなるので、利益が低いのが大きなデメリットになりますね。ただ、初めての飲食店経営で大きなリスクを背負うのはおすすめできません。

仕入れは高くなりますが、大きな規模にして家賃や人件費などの固定費を負担する方が危険です。最初は小さい飲食店から始めるべきでしょう。

小さい飲食店で経営を成功させるために
①継続的に来てもらう施策
②高単価にする
③固定費を抑える

 

小さい飲食店は、集客に使えるお金が少ないため、継続的に来ていただけるようにしなければいけません。

少ないお客さんから利益を作るために高単価にするなど、施策を考えましょう。固定費は、できるだけ下げることが大切です。

小さい飲食店の開業に必要な資格と手続き
①食品衛生責任者
②防火管理者
③個人事業の開廃業等届出

 

小さい飲食店であれば必要な書類や手続きも少ないので、サクッと申請しておきましょう。

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター