fbpx

飲食店 独立 / 開業

居酒屋の開業を成功させよう!【開店から経営方法まで解説】


居酒屋 開業
創業融資

こんにちは、Scheeme MAG編集部です。


居酒屋を開業したい!

そんな方に向けて、この記事を書いています。

この記事では、居酒屋の開業から経営まで全てを理解することができます

これから居酒屋を開業しようと考えている方は、ぜひご覧ください。

①居酒屋に必要な資金
②居酒屋に必要な資金調達方法
③居酒屋の開業に必要な書類や手続き
④居酒屋の経営で必要なスキルやコツ

居酒屋の開業に必要な資金

居酒屋の規模によって必要資金は大きく変わりますが、平均で300〜1000万円と考えておきましょう。

ただ、開業費は立地や物件で大きく変わるので、自分が開業する場所や物件を確認しておくことが大切です。

居酒屋の開業のための資金調達方法3つ

お店を開業しようと考えている人が絶対に悩むのが資金調達です。

この記事では、誰でもできる資金調達方法を3つ解説します。闇金などではないので安心してください。

居酒屋の開業のための資金調達方法
①融資
②自己資金
③両親や親戚

 

①融資

融資は、低い金利でお金を借りられるので多くの事業者が利用しています。

特におすすめは、日本政策金融公庫です。事業計画書を入念に作れば審査に通りますし、低金利で保証人も必要ありません。

公庫で借り入れができるだけで信頼度が増すので、ほかの機関でも借りやすくなります。

②自己資金

出来る限り自己資金は準備しておきましょう。

融資にも影響しますし、借りる金額を抑えられれば事業に失敗しても返済額を低くできます。

居酒屋の開業であれば、300万円は用意しておきたいですね。

③両親や親戚

融資と自己資金での開業が難しければ、両親や親戚から借りるのも一つの手です。

ただ両親となると老後の貯金問題もありますし、親戚からも借りない方が良いと思います。

まずは、自己資金と融資での開業を目指しましょう。

居酒屋の開業に必要な2つの資格

自己資金が用意できれば、お店を開業するために必要な準備をしていきましょう。

まずは、絶対に習得しなければいけない資格を2つ紹介します。

居酒屋の開業に必要な2つの資格
①食品衛生責任者
②食品営業許可

 

①食品衛生責任者

飲食店には、食品衛生責任者を必ず配置しておく必要があります

講習を受講すれば1日で習得できるので、早めに取っておきましょう。

②食品営業許可

居酒屋は食べ物を扱うので、食品営業許可を習得する必要があります。

施設完成予定日の10日前には必要書類を持って保健所に提出しましょう。

居酒屋の開業に必要な4つの届出

居酒屋を開業するなら、資格と同時に届出の準備もしなければいけません。

絶対ひ必要な4つの資格を紹介するので、ぜひご覧下さい。

居酒屋の開業に必要な4つの届出
①防火管理者選任届
②個人事業開廃業等届出書
③深夜酒類提供飲食店営業開始届出書
④労災・雇用保険(従業員を雇う場合)

 

①防火管理者選任届

店の収容人数が30人を超える場合は、防火管理者選任届を提出する必要があります。

注意点としては、お客さんの数ではなく従業員を入れての人数で30人を超えてはいけないので、座席数が28で従業員が2人なら書類を提出しなければいけません。

②個人事業開廃業等届出書

事業を始める方は、個人事業開廃業等届出書を提出する必要があります。

法人化するのであれば違う届出が必要ですが、まずは個人事業で問題ないでしょう。

③深夜酒類提供飲食店営業開始届出書

深夜の12時以降にもお酒を提供するのであれば、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を提出しなければいけません。

お店が12時までに締まるのであれば提出する必要はないので大丈夫です。

④労災・雇用保険(従業員を雇う場合)

労災保険と雇用保険は、従業員を雇う場合に提出しなければいけません。

開業してからすぐに従業員を雇うのであれば提出する必要はありますが、最初は家族や1人で店を回す人も多いです。

居酒屋を開業するために必要な3つのスキル

居酒屋の開業に必要な書類と資格を習得しても、スキルがなければ経営は上手くいきません。

そこで、居酒屋の経営者が持っておくべき必要なスキルを3つ紹介します。

居酒屋を開業するために必要な3つのスキル
①コミュニケーション能力
②料理
③経営

 

①コミュニケーション能力

居酒屋は、普通の飲食店に比べて店員とお客さんの距離が近いです。

静かな居酒屋より、ワイワイしている方が楽しいでしょう。楽しいお店作りをするにはコミュニケーション能力は必須になります。

②料理

居酒屋は、お酒だけでなくツマミの料理も非常に重要です。

ツマミが美味しいお店であれば、何度でも行きたいと思うでしょう。料理にも力を入れることが大切です。

③経営

どれだけ美味しい料理とお酒を用意できても、経営スキルがなければ店を存続させることはできません。

原価率の調整や経営管理など、常に勉強しておきましょう。

居酒屋経営の3つコツ

居酒屋の経営が上手くいくためのコツも解説しておきます。

居酒屋経営の3つのコツ
①集客に力を入れる
②雰囲気作り
③メニュー数を少しづつ増やす

 

①集客に力を入れる

経営の中で最も重要なのは集客です。

お客さんが来なければ、売上を作ることができません。

集客には、チラシや広告などを使いましょう。集客には遠慮なくお金を使うべきです。

②雰囲気作り

お店の雰囲気で来店者数は大きく変わります。

学生や若い会社員をターゲットにするのであれば、元気で楽しい気分になる雰囲気の居酒屋を作った方が良いでしょう。少し年齢を重ねた落ち着いた人達をターゲットにするなら、静かに飲めるバーのような居酒屋が良いかもしれません。

お店の雰囲気によって、お客さんも変わります。ターゲットに合わせた雰囲気作りをしましょう。

③メニュー数を少しづつ増やす

メニューが変わらなかったら、継続的に来てくれるお客さんは飽きてしまいます。

お店を経営しながら、新メニューの開発なども行っていきましょう。

メニューを増やすことで在庫リスクを抱える可能性もありますが、新商品があるほうが継続的にお客さんも来てくれますね

居酒屋の開業で稼げる金額は◯◯円

正直、居酒屋を開業しても稼げる金額は大きくないと思います。

商品の利益率や固定費もよりますが、30万円を稼げたら充分ではないでしょうか。

お店が広くて満席が続くのであれば凄い額を稼げると思いますが、最初から規模を大きくするのはリスクです。最初は小さな店で利益を出して繁盛してきたら、店を大きくしたり2店舗目を検討しましょう。

開店して間もないのであれば、30万円くらい稼げたら素晴らしいです。

居酒屋の開業まとめ

最後に居酒屋の開業をまとめます。

居酒屋の開業のための資金調達方法
①融資
②自己資金
③両親や親戚

資金調達は、できるだけ融資と自己資金で行いましょう。最悪の場合は両親や親戚にお願いすることも検討して下さい。

金利が高い期間に借りるのは、絶対にやめた方が良いですね。

居酒屋の開業に必要な2つの資格
①食品衛生責任者
②食品営業許可
開業に必要な資格は2つですが、事業の内容によっては他の資格も習得する必要があるので確認しておきましょう。
居酒屋の開業に必要な4つの届出
①防火管理者選任届
②個人事業開廃業等届出書
③深夜酒類提供飲食店営業開始届出書
④労災・雇用保険(従業員を雇う場合)

必要な届出は、これで最低限です。

お店で展開するサービスによっては、他にも提出する必要のある手続きや資格があるかもしれないので、確認しておきましょう。

居酒屋を開業するために必要な3つのスキル
①コミュニケーション能力
②料理
③経営

開業しても経営が上手くいかなければ意味がありません。

紹介した3つのスキルを磨いて、長くお客さんから愛されるお店作りを目指しましょう。

居酒屋経営の3つのコツ
①集客に力を入れる
②雰囲気作り
③メニュー数を少しづつ増やす

 

最後に経営に必要な3つのコツをまとめておきました。

お客さんが来てくれなければ経営は続かないので、集客や継続来店に繋がるよう努力しましょう。

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約