fbpx

起業するなら、まずは事業計画から学んでおくのがベスト!その理由とは

起業するときに事業計画を学んでおくことが大事になります。事業計画を学んでおかないと、無計画に起業することになるのです。

そうなってしまうと、始めから失敗する方向に向かって起業をすることになるでしょう。

そこまでひどくないとしても、しっかりした事業計画でないと、成功することは難しいです。ここではそんな事業計画について、学ぶ理由を説明していきます。

事業計画を学ぶ理由① 融資が受けやすくなる

起業するときには事業計画を学ぶことが大切です。学んだ後に作ったしっかりとした事業計画であれば、融資を受けやすくなります。

融資を受けられる鍵は、実現可能性が高い事業計画を立てられるかにかかっています。事業計画を学んでいないと、その基礎的な部分をクリアすることができないことが多いです。

融資をする側としては、将来性や大きな収益をどんなに見せられても、現実的でないと話を聞く価値がないのです。

事業計画について知らないと、絵に描いた餅を大きく見せることばかりに気をとられます。そうなってしまうと、融資を受けることができなくなるでしょう。

事業計画を何度も練り直す

事業計画を学んでいても、融資を受けられないことがあります。

そのようなときは事業計画を何度も練り直すことで、融資を受けられる可能性はあるでしょう。事業計画を見直すためにも学んできたことが役に立ちます。

あらためて融資をする側の視点に立つことで、自分の事業計画書に欠点があることに気づくことができるのです。学んでいなければ、いつまで経っても融資を受けることができないかもしれません。

事業計画を学ぶ理由② 現実的な数字を見積もる事ができる

また、事業計画を学ぶことで、現実的な数字を見積もることができます。

一年間の売り上げに対するコストを計算して、純利益がどの程度になるかを数字として提出できるのです。

融資をする側は他の企業と比較をして、その数字の実現可能性を見抜くことができるでしょう。数字が現実的なものであれば、融資をする側はその事業計画書を検討に値するものと認識します。

それ以下の事業計画では融資を受ける基準に達していないと判断されることになるのです。事業計画では数字が一つのポイントになります。現実的な数字を計算できることも、融資を受ける条件になるのです。

事業計画を学ぶ理由③ 重要なマーケティングを押さえられる

他に事業計画を学ぶことによって、融資する側が見ているポイントを押さえることができます。

そのポイントとしては、商品のマーケティングです。

商品がどの程度の売れ行きになるかを予測することは、事業計画では重要なポイントです。この点をしっかりと事業計画書に反映することができるでしょう。

このときに大切なこととしては、マーケティングに根拠があることです。例えば1年間で売れた実績などがあると根拠となります。

そのような根拠となるマーケティング情報は、事業計画を立てる知識があればピックアップできるのです。

事業計画を学ぶ理由④ リスクを避けるポイントになる

事業計画を立てるとリスクの洗い出しに役立ちます。そう考えると、事業計画を学ぶことで、リスクを避けることができます。

事業計画を立てるときには、シミュレーションをします。その過程でどのような展開になるかが分かります。

そのときに、起業にどのようなリスクがあるかが見つけ出せるでしょう。

また、起業をできるだけ安全に行うには、事前のチェックが欠かせません。そのために、マーケティングをすることが大事になります。このようなマーケティングができていると、周辺の情報からリスクの確度が分かります。確度が高ければ、撤退することも視野に入れた方が良いかもしれません。

ただし、無益なリスクを取る必要はありませんが、有益なものは取った方が良いケースがあります。その見極めには学んだことが生かされることが多いです。計画を立てるときにはどのような利益があるかを算出します。その算出されたリターンがリスクを取る価値があるものであれば、恐れずに行動した方がいいです。

起業をするのであれば、ある程度被害を被る覚悟をする必要があります。それが破産するほどであれば取らない方がいいです。

また、リターンが多いからといって、リスクを考慮しないのは間違いです。それではギャンブルになってしまいます。適正なリスクだけを取るように事業計画を立てることが大事です。

事業計画を学ぶ理由⑥ 事業を軌道に乗せるため

事業計画を学ぶことは、事業を軌道に乗せるために必要です。事業を軌道に乗せるためには、そこまでの道のりが書いてある計画書が重要になります。計画書がないと、行き当たりばったりのビジネスになるでしょう。事業計画を学んで堅実な計画ができれば、軌道に乗せるまでのガイドラインになるのです。すべてがその通りになることはないかもしれませんが、計画に柔軟性を持たせておけば色々な状況に対応できるようになります。事業計画通りに進めば成功できる「計画」を立てておくことが大事です。それであれば、事業を軌道に乗せられる可能性は高まります。そのような事業計画になるように、学んでおくと役に立ちます。また、その計画には色々な想定を作っておくと、トラブルが起きたときに乗り越えられる確率が高くなるでしょう。

 

関連記事

補助金や助成金を受けたいなら事業計画書の作成は必須?

事業計画書を作成するときに参考になるおすすめの本5選

事業計画書のテンプレートは本当に使えるのか?

事業計画書で書かなきゃいけない創業の動機はどう書くのが良いのか?

事業計画書の絶対押さえておきたい6つのチェックポイント

ビジネスモデルを事業計画に落とし込む4つの手順

今から起業準備をはじめませんか?
起業クラウド『Scheeme

Scheeme(スキーム)は起業時の課題を簡単に解決
「起業準備を加速させるツール」

起業時に必要な書類や届け出、見積もり回収など
複雑な起業準備をScheemeで一元化。費用と時間を削減!
Let's do it NOW!!

無料で試してみる

事業計画書メディア ‒ スキームマグ