fbpx

あらゆる資金調達方法を全て教えます!

利益を生むための画期的な方法を生み出し、自分で会社を立ち上げたいと思っていても、現実問題として情熱だけでは会社を創業し、運営することはできません。会社を創業し、実際に運営していくためにはたとえ個人事業だったとしてもある程度まとまったお金が必要になってきます。ここでは、創業時の資金調達法をいくつか紹介します。

①自己資金や家族、友人などから資金を調達する

創業時の資金調達をする際に最も理想的なのが自分の保有している自己資産から会社を運営するお金を賄うという方法です。自己資金はなんといっても他の方法とは異なり、返済する必要がないという大きなメリットがあります。

また、会社を運営していくにあたって、自己資金の比率が高い会社は他社などからの信用度も高くなり、他に資金調達をしやすくなるというのも自己資金ならではの大きなメリットといえるでしょう。一方で、会社の経営に失敗すれば自分の貯金は大きく目減りすることになるという大きなデメリットも抱えています。更に、個人事業ならばともかく、従業員を雇うような一定以上の規模の会社を興そうとなると自己資金ではとても賄えない場合がほとんどです。

家族、友人などから資金調達をする【メリット】

自己資金だけでは会社を創業できない場合、何かしらの方法で外部から資金調達をしなければいけません。もっとも相談を持ちかけやすいのが家族や友人、知人ではないでしょうか。家族や友人、知人にお金を融資してもらうことの最大のメリットは他の方法よりも融通が利きやすいということです。お金を借りる条件も自由に決めることが出来ますし、返済までの期限に関しても他の方法のように厳しく設定されることはないでしょう。更に、家族にお金を融資してもらえれば金利も一切かからないことも多いです。

家族、友人などから資金調達をする【デメリット】

ただし、家族や友人、知人からの資金調達にはいくつかのデメリットがあります。まず、個人の財産からの融資なので1人1人から調達できる金額は他の外部からの資金調達方法と比較すると少額になります。したがって、まとまったお金を調達するには複数の人から融資してもらうことになり、融資してもらったお金に対しての返済期限や金額の管理が大変になります。そして、いくら返済期限などに融通が利くとはいえ、借りたお金は期日までに必ず返済しなければいけません。特に、友人や知人などとの金銭のやり取りはきっちりしておかないと後々人間関係の悪化につながります。

また、お金を借りている相手の状況によって突然返済を迫られるというようなリスクも伴います。ですから、友人や知人、家族などごく親しい人から資金調達した場合であっても融資してもらったお金を返済することを最優先に考えてお金の管理をし、急に返済を迫られてもすぐに対応できるようにしておきましょう。

②銀行よりも日本政策金融公庫を利用

友人や家族以外からの資金調達法として真っ先に思い浮かぶのは銀行からの借り入れではないでしょうか。ところが、結論から言えば銀行からの借り入れはあまり良い結果を生み出しません。特に、メガバンクと呼ばれている誰もが知っている全国展開している銀行の場合はすでに一流企業に出資しており、わざわざ新規の事業にお金を融資する必要がないので話すら聞いてもらえないことも多々あります。銀行などの金融機関に収支を依頼するのであれば地域密着型の信用金庫を訪ねるようにしましょう。

金融機関から創業時の資金を調達するのであれば国庫である日本政策金融公庫からの融資を検討した方が資金調達できる可能性が高いです。日本政策金融公庫は中小企業をはじめとして、一般の銀行からはなかなかお金を融資してもらえない企業や個人事業主に積極的に融資を行なっています。事業計画書などいくつかの書類が必要ですが、たとえ利益を得られるという保証がない創業時のお金であっても条件さえ満たしていれば融資してもらえます。

その他には、国からの補助金や助成金を利用して資金を調達するという方法もあります。助成金や補助金はいろいろな種類があるので、創業時の自分の状況が融資の条件に当てはまりそうなものがあればどんどん申請してみましょう。助成金や補助金は基本的に返済する必要がないのが大きな利点です。ただし、審査が厳しいうえにお金は後払いになる点には注意が必要です。

③クラウドファウンティング

もしも、自分が考えたビジネスのアイデアが独創的なものであり、多くの人からの賛同を得られる自信があるならば、インターネットを利用してクラウドファウンティングによって資金調達することが可能です。クラウドファウンティングは自分が企画し、実行していることをインターネット上にて発信し、それに賛同する人からお金を終始してもらうシステムです。1人1人が終始するお金はごく少数ですが、何千人何万人という賛同者が集まるとあらゆる資金調達方法の中でもっとも多くの資金を調達できる可能性を秘めています。

資金調達の方法はいろいろ

資金調達の方法には様々なものがあります。ですから、1つの方法で資金調達ができないからといってあきらめる必要はありません。他の方法を試してみれば融資をしてもらえることも多々ありますし、クラウドファンティング等を利用すれば金融機関には見向きもしてもらえなかったようなアイデアが多くの賛同を得て多額の資金を調達できるケースも多いです。

関連記事

CICとは?融資でチェックされる個人信用情報の調べ方をご紹介

創業後に最短で融資を受ける方法とは?

信用保証協会とは?

飲食店の開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の...

歯医者・歯科医院の開業時で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や...

工務店・建設会社の創業時に、日本政策金融公庫で創業融資を受けるために必要な知識や...

今から起業準備をはじめませんか?
起業クラウド『Scheeme

Scheeme(スキーム)は起業時の課題を簡単に解決
「起業準備を加速させるツール」

起業時に必要な書類や届け出、見積もり回収など
複雑な起業準備をScheemeで一元化。費用と時間を削減!
Let's do it NOW!!

無料で試してみる

事業計画書メディア ‒ スキームマグ