事業計画書とは?<事業計画書を完全網羅>

事業計画書って何を書けばいいの?

初めての事業計画書作りは非常に難しいですよね。

事業計画書の他にも、損益計算書キャッシュフロー計算書など慣れない言葉が多く、起業の準備をしていきたいのに足踏み状態といった方も多いのではないでしょうか。

スタートアップでは、起業までの時間を上手に使う事が重要になってくるので、事業計画書などの「ペーパーワーク」は出来るだけ時間とコストを書けずに済ましておきたいですね。

この記事では、これから起業するために事業計画書を書かなければいけないといった方に向けて、事業計画書に関する全てをこの記事でご紹介しております。

この記事で分かること

事業計画書とは何か

事業計画書というのは文字通り、「事業についての計画を書面にしたもの」です。

創業者や企業が新たに何か事業を始めようとする際に、作成した計画書を事業計画書と言います。また、これから会社を創業しようとしている人が、自分のためや、融資を申し込む際に金融機関へ見せるために事業計画書を作成することもあります。

「計画」と言うと、一般的には未来についてのことが注目されますが、実はその会社についての過去や現在も盛り込まれているのが計画書です。

つまり、今後事業を成功に導くだけの実績が過去にあるか、現在どのような努力が行われているか、今すべきことは何か、が明確にされたものが事業計画書です。

事業計画書はなぜ必要なのか?

頭の中ではこんな事業とわかっていても、家族や友達に説明するのも大変。ましてや金融機関や取引先に説明するのはよりハードルが高くなります。

そこで、頭の中にあるビジネスプランを事業計画書にアウトプットして整理するとより具体的にビジョンが見えてくるでしょう。

事業計画書にアウトプットした段階で数字の辻褄が合わない場合にはどこかに問題があるので早期に対策を取る事ができるといった点も事業計画書を作るメリットと言えるでしょう。

事業計画書はどんな時に使うのか?

事業計画書は何のために、どのような役割を果たしてくれるのでしょうか。

実際にいろんなシーンで事業計画書を使う事があります。そんな事業計画書を使うシーンを分けてみましたので1つずつ確認していきましょう。

① 企業の経営者が事業を運営していくため

経営を行う上では、行動指針となる目標を含め、計画があった方が上手く進めていけるでしょう。

事業が進んでからも計画があることで、売上高や進捗具合、目標達成度など、実際と予測のずれを計測しながら軌道修正していくことができます。

経営者の頭の中だけで考えるのでは、すぐに忘れてしまいますし、綿密な検証作業ができません。事業計画書はそのような作業の土台となります。

つまり、事業計画書は起業後の経営にも大きく影響を与えると言えるでしょう。

② 経営者の考えを社員や他の従業員にも伝える

実際に事業を大きく動かしていく上で、従業員は必ず必要でしょう。

そして、企業が大きく成長するためには「従業員との意思共有」が重要となります。

意思共有や情報共有のために事業計画書を使って、従業員に「この会社は今後こういった方向性で、こういった目標を達成するために、このKPIを達成しなければいけない」としっかりと伝達しておきましょう。

事業計画書の数値計画を使って説明することで、従業員も納得でき仕事のモチベーションアップにも繋がるでしょう。

③ 社外へプレゼンテーションするため

会社の運営は自社だけではなく、多くの関係者との関わりで成り立ちます。

取引の際には、そのような関係者へ自社の状況をプレゼンテーションする必要が出てくるケースも多く、事業計画書はそのためのツールとなるのです。

④ 金融機関からの資金調達をするための必要書類

事業計画書は、銀行などで融資を受ける時には、必ず作成します。事業内容が分からない場合、事業が失敗するリスクもあるため、融資の審査に通りづらくなるのです。

出資者は事業内容や資金繰り・取引先などを確認して、継続して融資額を回収できるかを確認しています。

つまり、継続的に安定した収益を見込めるのか、事業計画書を参考に予測しているのです。創業する時は、その会社自体の売上や実績はありません。

創業者の資格や今までの成績・人柄などを確認して、融資するか決めていきます。

資金調達の場面でも事業計画書は重要

事業計画書は会社設立の際に様々な場面で必要となりますが、特に金融機関からの資金調達の場面において、事業計画書の果たす役割は非常に大きくなります。

金融機関は、事業を実現できるような能力が会社や経営者にあるか、計画に無理がないかを、主に事業計画書を見て判断します。資金調達が上手くいくかどうかは、会社にとっても存続に関わる重要事項ですので、綿密な事業計画を立てて、良い事業計画書を作成することが大切です。

事業計画書を通じて説得力のある事業プランを明示することができれば、手持ちの自己資金が少なくても起業することが可能です。

逆に十分な自己資金を用意しても、この事業計画書の内容がまずければ、事業の継続した収益性が不透明であるとして、出資を拒否されることも十分に考えられます。

このように起業に際して非常に重要な役割を果たすのが事業計画書です。

事業計画書を作るのに大事な構成について

一般的な事業計画書は6つの重要項目5つの数値計画書の合計10要素で構成されています。

様々な事業計画書のフォーマットがありますが、よく使われるものでは、会社の概要、製品、市場分析、業績予測、役員メンバー、損益分析が必ず含まれています。

ポイントは事業計画書を作る際、読み手に応じてカスタマイズする必要があります。投資家などに見せるのであれば、役員メンバーの構成が最も重要となってきますし、銀行から融資を受けることが目的であれば、財務情報の項目が重要となります。

内部検討資料として作成する場合は、役員メンバーの情報などは社内で共有できている情報ですので、そのような内容は省略しても問題ありません。

事業計画書の使用目的に応じて、計画書を調整することが重要です。

事業計画書に記載する5つの重要項目

事業計画書の大枠や使用用途がわかってきたところで実際に事業計画書にどのようなことを記載していけばいいのかをご紹介していきたいと思います。

基本的には5つの要素から構成されており、それらをしっかりと網羅して行くことで銀行などの金融機関に持っていっても恥ずかしくない事業計画書となりますのでしっかりと読んで理解してください!

【事業計画書の5つの重要項目】①創業者の経歴

まずは、創業者の経歴から記載していきましょう。

創業時には、やはり創業者の経歴を重要視する傾向があります。

フランチャイズなどの権利に頼ったビジネスモデルでない限り、これから行うビジネスに関する経歴を持っているかが融資の判断材料となるでしょう。

経験がないからといって、融資が絶対にうまくいかないというわけではありません。しっかりとした事業計画書を作ることで融資実行の可能性は大いにありますので、経歴にないビジネスを始める際は事業計画書をしっかりと作ることがオススメです。

【事業計画書の5つの重要項目】②創業の動機

創業の動機は出来るだけ情熱が伝わるように書きましょう。起業にはかなりの体力と精神を使うので生半可な気持ちでは挫折してしまう事が多いので、先輩経営者や金融機関ではこの「創業の動機」に重きを置いている人が多いです。

創業の動機を書く際のポイントとしては、なぜこの事業を始めようと思ったかを書くのではなく、「こういう問題や課題や市場があり、自分ならこういう事ができるの」といった感じで「理由・根拠と解決策」をセットにするのがわかりやすくてオススメです。

【事業計画書の5つの重要項目】③メイン事業の説明

@@@

 

【事業計画書の5つの重要項目】④ビジネス全体の俯瞰図

文章だけでは伝わりにくいことも多いので、ビジネス全体の俯瞰図も一緒に作っておきましょう。俯瞰図とは第三者目線でざっくりとした動きを図で示すことを言います。

事業計画書では2パターンの俯瞰図を作りましょう。

会社を起点としたステークホルダーの俯瞰図

創業者の他に役員や従業員の部門や業務によって分けたり、アライアンスパートナーや出資者などの利害関係者もステークホルダー俯瞰図でわかりやすくしておきましょう。

ステークホルダー俯瞰図の発展系が「組織図」となります。

サービス/商品を起点としたキャッシュに関する俯瞰図

これから行う事業のお金の流れを明確にしたキャッシュフロー俯瞰図も準備しておきましょう。キャッシュフロー俯瞰図を作り、販売先や仕入先などのお金の流れを見直すことで、数値計画を作る際の抜け漏れを減らすこともできます。

【事業計画書の5つの重要項目】⑤お借入状況などのお金周りの事

実は創業者のお金周りのことは忘れがちになっていますが、重要なポイントなのでしっかりとまとめておきましょう。

<まとめておきたい創業者の資金項目>

・現在の預貯金の額

・家族/親族からの資金援助額

・クレジットカードやカードローンの借入額

・住宅ローンやカーローンなどの借入額

・その他金融機関からの借入

・積立型生命保険などの資産額

事業計画書に記載する5つの数値計画

数値計画に対する概略

事業計画書の5つの数値計画①貸借対照表(BS)

BSとは

事業計画書の5つの数値計画②損益計算書(PL)

PJとは

事業計画書の5つの数値計画③3ヶ年損益計算書(3Y.PL)

3ヶ年損益計算書とは

事業計画書の5つの数値計画④キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは

事業計画書の5つの数値計画⑤返済計画表

返済計画書とは

融資に通りやすい事業計画書のポイント

 

根拠と正確性が重要

 

数字に説得力のある書類

 

5W1Hが明確

 

資金計画を細かく書く

 

そもそも分かりやすいか

 

事業を安定させるために事業計画書の答え合わせをしよう

これまでは創業や新規事業における「融資/資金調達」に合わせた事業計画書について記載してきましたが、実際には資金調達がゴールではありません。

事業がうまく立ち上がりしっかりと

 

事業計画書ができたら家族や専門家にみてもらおう

概略

家族や友達に見てもらう

 

認定支援機関や士業の先生に見てもらう

 

日本政策金融公庫の融資にはオリジナル事業計画書が必要か?

概略

公庫以外の銀行ではどんな事業計画書が必要なのか

概略

オリジナルの事業計画書を持っている銀行リスト

銀行によっては、銀行独自のオリジナルテンプレート事業計画書を持っているところもあります。もちろんそれだけでは完璧な事業計画書とは言えませんが、融資を受ける際にはスピーディに進められますので先にテンプレート事業計画書を作って、オリジナルのものを面談時に提出するのがベストでしょう。

京都銀行の事業計画書テンプレート

京都銀行の事業計画書テンプレートは年商によって別れているのがポイントです。

>>年商1億円未満

>>年商10億円未満

>>年商10億円以上

栃木銀行の事業計画書テンプレート

栃木銀行の事業計画書テンプレートの特徴は5ヶ年のPL(損益計算書)があるところです。日本政策金融公庫の事業計画書では「創業時」「軌道に乗った時」と曖昧な見通しですが栃木銀行の事業計画書では5年に渡る数値計画を作らなければいけないので簡易的な事業計画書とはことなりしっかりしていると言えるでしょう。

>>栃木銀行の事業計画書テンプレートはこちら

信用金庫の事業計画書テンプレート

>>青梅信用金庫の事業計画書テンプレート

>>多摩信用金庫の事業計画書テンプレート

>>瀬戸信用金庫の事業計画書テンプレート

>>豊田信用金庫の事業計画書テンプレート

>>京都信用金庫の事業計画書テンプレート

>>京都中央信用金庫の事業計画書テンプレート

>>大阪商工信用金庫の事業計画書テンプレート

>>神戸信用金庫の事業計画書テンプレート

>>広島信用金庫の事業計画書テンプレート

>>萩山口信用金庫の事業計画書テンプレート

事業計画書を書く際に参考になるおすすめ書籍5選

机上の空論にならないように起業前に事業者がやるべきこと、それが事業計画書の作成です。しかし、いざ事業計画を立てようと思っても、どうやって立てればより具体的で実践的かノウハウが無いためわかりませんよね?

誰しも最初は起業家の卵。わからなくて当然です。そこで今回は、みなさんの事業をプランニングするためのアイデアが詰まった事業計画書の厳選書籍をアマゾンのトップレビューと一緒にご紹介します!

事業計画書は1枚にまとめなさい(ダイヤモンド社)

元政策金融公庫の方が書いた本なので融資担当者の心情や実情が分かります。

何事もそうですが、相手を見て対応すべきですね。

相手も同じ人間でひとりの務め人なんだな~と分かります。

行政書士業の開業の際に参考にした本です。あれもこれも手を出すのも方法かもしれませんが、1枚を全力で描ききることが大事だと思ったので参考になりました。審査側もたくさんの書類を見るのは大変であり、そういった視点も勉強になった。

実際融資もおりたので私は疑うところはなかったです。

カラー版 マンガでわかる事業計画書のつくり方(西東社)

図が多くてわかりやすい

事業計画を立てるための流や、基本的なフレームワークが紹介されています。
マンガと解説が半々くらいですが、解説部分も図が多くて初心者でも分かりやすい内容でした。

マンガも面白い

マンガを読むだけで、事業計画のイロハを自然に身につけられます。さらに解説も体系的に分かり易く書かれていて、これだけ読めば専門書は読む必要ないです。これから開業する人はぜひ読んでください。

成功する事業計画書の作り方(ナツメ社)

事業成功へのノウハウを徹底解説! 魅力的な事業アイデアはどう見つける? ビジネスモデルの構築法は?儲けのしくみはどうつくる? など、事業成功のために絶対押さえておきたいポイントを丁寧に説明。多くの事業計画書を見て、実際にアドバイスしてきた“事業計画書のプロ”のノウハウがつまった1冊です。

AmazonやFacebook等、かつてのスタートアップ企業は、今ではグローバルな超巨大企業に成長しました。しかし、スタートアップが初期段階で大きなビジョンを掲げたとしても、いきなりそれを実現することは難しく、日本でも大きな成長を遂げる前に姿を消してしまうことも多くあります。

この本の中では、スタートアップがこのような課題を乗り越えるために、2段階のターゲティングという考えが紹介されていました。初期ターゲットと成長ターゲットの2つに分け、初期ターゲットでは新しい価値を認めてくれる顧客層の獲得と実績作りを行い、成長ターゲットでは実績をもとに大きな顧客市場を開拓していくということで、スタートアップから大きな企業へと成長を遂げることができるという。

プラットフォーマーと呼ばれるAmazonやGoogleといった海外企業に勝り、プラットフォーマーとしての地位を築くために、日本企業が学ぶべきことが多くあると感じました。

起業で使える事業計画書の作り方(ソシム株式会社)

創業融資通りました!!

この本の内容を参考に事業計画書を書いたところ、公庫の創業融資が通りました。

公庫の創業融資を申し込もうと思っていて何か本をと探していたら、ちょうどこの本が発売されました。発売されてすぐ購入し事業計画書を作成しました。オリジナルの事業計画書がダウンロードできるのもいいです。

オリジナルの事業計画書を本を見ながら書いていきました。書き方のポイントが分かりやすく書かれており、参考にして書いていきました。オリジナル事業計画書の内容を、公庫や保証協会規定の創業計画書だったらどのように書くかも、サンプルがあるのでわかりやすいです。最後の方には創業補助金の計画書も出ています。

創業融資を通したいと考えている方にお薦めです。

事業計画書と創業融資に関するまとめ

いかがだったでしょうか?

創業時には必ずといっていいほど銀行からの借入を行なった方が良いでしょう。特に初めての借入先は一般的な地銀・信用金庫ではなく「日本政策金融公庫」いわゆる国金・公庫が良いでしょう。

また借入を創業時に勧める理由としては

①創業時だと事業計画書をしっかりと書くことで借入をしやすい。

②資金があることで思い切った設備投資や広告戦略を行うことができて経営が安定しやすい。

上記よりやはり借入はしておくべきと言えますが、借入=借金と感じてしまい敬遠してしまうかたもいらっしゃいますが、借入での利息は「掛け捨ての保険」と割り切って使う使わないに関わらず、創業融資を受けるが吉ですね。

融資成功率90%超の融資支援のプロが使う創業融資に最適な事業計画書が、格安で購入できる??!

>>事業計画書を完璧に網羅するおすすすめ記事はこちら

関連記事

事業計画書の作成を代行している会社の費用や相場感は?

事業計画書がわからない人必見!事業計画書の上手な書き方

日本政策金融公庫の融資は個人事業主でも借りられるのか?また借りられた場合の借り入...

日本政策金融公庫の創業融資に必要な申込書はどこにあるのか?

無担保でもOK?日本政策金融公庫から創業融資を受ける際に気になるポイントをご紹介

日本政策金融公庫とは?