fbpx

起業・スタートアップ

飲食店での起業は失敗するリスクが高い?


創業融資

飲食で起業する場合にはいくつかのリスクがあります。例えば、初年度から資金繰りを成功させられるかということや、継続してお客様を集められるかということ、衛生面のリスクなどです。これらのリスクを回避しながら、堅実な経営を行えば着実に利益を上げられます。人気店を作り上げることができたら、起業は成功と言えるでしょう。

初年度の資金繰りのリスクを回避する

飲食店の起業で一番難しいのは初年度です。いったん店を始めると、開業資金の返済が始まります。同時に店舗の家賃の返済や人件費が必要になります。これらのことに注意しながら、経営を進めなければなりません。初年度の信金繰りがうまくいかずに店を閉める飲食店は3割以上だと言われています。
開業資金の返済や店舗の家賃は、工夫次第で減らすことができます。飲食店を始める時は小さめの店舗を選びましょう。それから利便性にこだわり過ぎないことが大切になります。小さい店舗だったら、開業資金を借りるのは少なくできます。家賃も安いです。従業員を多く集める必要もないので、人件費も少なくなります。始める時は小さな店舗でも、順調にお客様を集めることができたら、別の場所に移ることができます。

人件費を抑制してはいけません。安い賃金の店で働こうと思う人は一人もいません。少人数を雇って、お互いの信頼関係を作るようにすれば、人件費を抑えられます。また上記に書いたように小さな店舗にすれば、従業員同士のコミュニケーションが密になります。良いスタッフは店の要になることを忘れてはいけません。
店舗を構える場所には注意する必要があります。便利なところが理想ですが、その場合は家賃が高くなることがあります。多少不便なところでも評判の良い店にすれば、お客さんは足を運んでくれます。家賃の高すぎる利便性の良いところは避けた方が無難です。ただし、店舗の周囲の環境には注意しましょう。同じような飲食店がある場所は避けて、人通りのあるところを選ぶ必要があります。工場のような音がうるさい建物からは離れたところが理想です。

お客様の心を掴む工夫をする

飲食店の起業で一番大切なことは、お客様を集めることです。どの店もお客様が集まらないと言うリスクに直面することがあります。特に初年度はそのリスクが大きくなります。お客様を集めるためにまず必要なことは、良いスタッフを集めることです。この仕事の経験者を一人雇えば、大きな力になります。その人に新しく雇うスタッフの教育の時に協力してもらいましょう。
スタッフの教育は基本的なことが大切です。接客のマナー、チームワーク、トラブルが起こった時の対応の仕方など基礎的なことを丁寧に教えましょう。調理の経験のある人がいたら、メニューを作る時の補助の仕方も伝えておきます。

飲食店では良いメニューがないと人を集められません。まず定番となるメニューを考えて、それを安定して供給できるように工夫します。それから新メニューの開発にも力を入れなければなりません。同じメニューばかり出していては、お客様に飽きられてしまいます。新メニューは風変わりすぎると、戸惑いを与えてしまいます。親しみやすさがありながら、新鮮なものを作り出す必要があります。
現代はSNSが発達しており、多くのお客様もそれを利用しています。SNSを有効に使えば、お客様集めに役立ちます。まず店舗のアカウントを作り、そこに基本的な情報を載せましょう。場所や営業時間、メニューの価格などを載せておけば、お客様がネットを使って調べる時に役立ちます。それだけでは不十分な面があり、SNSのページをまめに更新することも大切です。更新によって季節の挨拶や、新メニューのことを伝えるようにします。

SNSは直接お客様とコミュニケーションできる場でもあります。お客様が書きこみをして下さったら、必ず返事を書くようにすれば、好感度を高められます。

衛生面のリスクを回避する

飲食店は絶えず衛生面のリスクにさらされています。特に注意しなければならないのは、食中毒です。これを起こした場合は営業停止になったり、廃業に追い込まれることがあります。食中毒を防ぐには食材の新鮮さに気を配ることが大切です。臭いや見た目といったごく当たり前のことに細心の注意を払います。
また新鮮な食材を手に入れるためには、仕入れ先にもこだわる必要があります。最初は難しい場合もありますが、食材の生産者から直接仕入れることができたら、新鮮なものが手に入ります。開業の時の仕入れ先に頼り過ぎずに、新しい仕入れ先を作りだしていきましょう。

細菌の繁殖を抑えることができたら、食中毒はほぼ防げます。加熱によって菌を殺すことができます。食材と器具の加熱を徹底しましょう。乾燥も大切な要素です。食材器具共に乾燥を怠らなければ、細菌は繁殖しません。
繁華街に店舗のある飲食店では害虫が発生することがあります。これを防ぐには専門の業者に定期的な駆除を依頼しましょう。ゴキブリ退治のような自分でできることも手を抜かないようにします。

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約