fbpx

飲食店 独立 / 開業

【徹底解説】飲食店を開業するために必要な資格や手続きとは?


こんにちは、Scheeme MAG 編集部です。

今回は、飲食店を開業するために必要な資格や手続きについて解説します。

飲食店開業を考えていても、


飲食店を開きたいけど何をすればいいかわからない…

飲食店を開業するためにはどんな資格が必要なの?

飲食店の平均開業資金っていくら必要なの?

などの不安や疑問点を抱えている方は多いと思います。

実際に飲食店開業の手続きに漏れがあり、スケジュール通りに開業できなかった人も・・・

そこで今回は、飲食店開業に必要な資格や書類に関してわかりやすく解説していきます。

この記事を参考にしていただくと以下3つのことがわかります。

①飲食店開業に必要な資格
②飲食店開業に最低限必要な手続き
③飲食店の開業資金と融資先

 

飲食店開業に必要な2つの資格

飲食店を開業する際には、必要な資格が2つとあると便利な資格が1つあります。

①食品衛生責任者
②防火管理者
③深夜酒類提供飲食店営業届

 

①食品衛生責任者

飲食店を開業するためには、最低1名『食品衛生責任者』の資格を取得している人が必要です。

食品衛生責任者の役割は、食中毒や食品衛生法違反を引き起こさないように食品衛生上の管理運営を行うことです。

食品衛生責任者資格は17歳以上であれば学歴に関係なく取得できる資格です。食品衛生責任者養成講習会を受講すれば、その日に資格を取得できます。

受講に必要な受験料は10,000円前後で、当日持参して支払います。

②防火管理者

防火管理者の役割は、火事を未然に防ぐために管理を行うことです。店舗の収容人数が30人を超える場合には、『防火管理者』が必要です。

防火管理者の資格は、講習を受けるだけで取得できます。講習は1日または2日間にかけて行われ、受講が終了した人には修了証が交付されます。それをもとに消防署へ申請を行えば、防火管理者の資格を取得できます。

③深夜酒類提供飲食店営業届

こちらは資格ではありません。深夜0時から日の出までの時間帯で、お客様にお酒を提供する場合に必要な届け出です。

深夜酒類提供飲食店営業届を出さずに営業をしてしまうと、50万円以下の罰金となります。書類の作成は一般の人では難しいため、行政書士など書類作成のプロに任せるケースがほとんどです。

調理師免許はなくてもOK!

飲食店の開業には、調理師免許が必要なのでは?と思われる方は多いと思います。しかし実際には、調理師免許なしでも飲食店は開業できます

調理師免許は、調理に関して専門的な知識を持っていることを証明する資格です。取得して損はないため、時間がある方はチャレンジしても良いかもしれません。

【届出先別!】飲食店開業に最低限必要な手続き

飲食店を開業するためには、たくさんの書類をさまざまな機関に提出しなければいけません。ここからは、届出先別に開業に最低限必要な書類を紹介します。

①保健所
②税務署
③市町村役場

①保健所

保健所には、飲食店営業許可の届け出を行います。届け出をする時期は、店舗が完成する10日前まで。

必要な書類は、申請書、店内レイアウト図、食品衛生責任者の資格証明書の3つです。

店舗の所在地を管轄している保健所で申請を行いましょう。

②税務署

税務署には以下4種類の書類を提出します。

・個人事業主の開廃業届出書
・所得税の青色申告承認申請書
・給与支払い事務所等の開設届出書
・青色事業専従者給与に関する届出書

 

『個人事業主の開業届出書』は開業後1ヶ月以内に、『所得税の青色申告承認申請書』『青色事業専従者給与に関する届出書』は開業後2ヶ月以内に管轄税務署に提出しなければいけません。

また従業員を雇用する場合には、雇用してから1ヶ月以内に『給与支払い事務所等の開設届出書』を提出します。

③市町村役場

市町村役場には、個人事業開始申告書という書類を提出します。この書類は、開業後速やかに提出しなければいけません。

飲食店開業にはいくら必要?

飲食店を開業する際には、何にどれだけお金が必要になるのかしっかりと把握しておくことが大切です。

ここからは、飲食店の平均開業資金と開業時に利用できる補助金・助成金について紹介します。

飲食店の平均開業資金

飲食店の平均開業資金は、994万円です。その内訳は以下の通りです。

・内外装費用 438万円
・運転資金 213万円
・機械、什器、備品 185万円
・テナント賃借費用 113万円
・営業保証書、フランチャイズ加盟金など 47万円
合計 994万円

 

居抜き物件を利用すれば、内外装費用や機械、什器、備品代をかなり抑えられるため、500万円ほどで開業できるケースもあります。

1から飲食店を開業するためには、平均1,000万円必要です。

飲食店開業時に利用できる補助金・助成金

ここからは、飲食店開業時に利用できる補助金・助成金として2つ紹介します。開業資金が足りない方は、ぜひ参考にしてください。

①創業補助金
②小規模事業者持続化補助金

①創業補助金

創業補助金は、新たに事業を創業する個人または法人が国から最大200万円の補助を受けられる制度です。飲食店は開業費用が高いため、200万円の補助を受けられる可能性が高いと言われています。

国からの融資であるため、当然審査は厳しいです。審査において「事業計画書」が何より大切なポイントになるため、利用する場合にはしっかりと作り込みしなければいけません。

②小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、日本商工会議所が実施している制度です。就業員数が5名以下の小規模事業者が対象で、最大50万円を補助してもらえます。

こちらも事業計画書の提出が必須です。全国の商工会議所で指導・助言を行ってくれるため、わからないことがあれば気軽に問い合わせてみましょう。

飲食店開業は完璧な準備をしてから進めよう!

今回の内容で大切なポイントは以下の3点です。

・飲食店開業には、『食品衛生責任者』、『防火管理者』の資格が必須。
・飲食店開業時には、『保健所』、『税務署』、『市町村役場』に書類を提出しなければいけない。
・開業資金の融資が受けられる機関が存在する。

 

飲食店開業で最低限必要な資格は、『食品衛生責任者』、『防火管理者』の2つだけです。

飲食店開業時には、『保健所』、『税務署』、『市町村役場』に今回紹介したさまざまな書類を提出しなければいけません。

飲食店の平均開業資金は1,000万円です。足りない場合には、『創業補助金』や『小規模事業者持続化補助金』を申請しましょう。

融資の確率を上げるなら『Scheeme』がおすすめ

売上台帳|創業融資はスキームで!


コロナで資金が不安だから、追加融資が欲しい…


融資サポート、税理士に頼むと高いしなあ…

上記のような悩みをお持ちの事業主様も多いかと思います。

コロナによる不況で、融資が通るかどうか不安ですよね。

そこで、弊社が打ち出したサービスが『起業クラウド Scheeme』です。

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

事業資金の融資や起業・開業に特化したサービスで、お客様を徹底的にサポートします!

起業クラウド Scheemeには、3つの大きなメリットがあります。

Scheemeのメリット3つ
①融資コンサルによる手厚いサポート
②業界最安の『成功報酬5万円』
③数値入力だけの簡単な書類作成

 

①融資コンサルによる手厚いサポート

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

起業クラウド Scheemeのサポートには、融資や起業に関するスペシャリストが在籍しています。

創業融資を必ず成功させるための事業計画書・数値計画書の作成方法や、融資に対する不安点の解決などが可能です。

電話のみではなく、書類を作成しながら質問ができるチャット相談もあります。

どこよりも手厚い、あなたに合わせたマンツーマンサポートが強みです。

②【業界最安!】成功報酬5万円

売上台帳|スキーム料金表

起業クラウド Scheemeの利用料金は、『融資の成功報酬5万円』のみです。

税理士や士業の融資サポートは平均20万円以上かかるので、業界最安値となっています。

なぜここまでお得にできるのかというと、【融資サポートをシステム化できているから】です。

つまり、手間がかかる書類作成などを自動化することで、人件費などを大幅に削減しています。

また、人の手で行うと起きてしまうミスなども完全になくしました。

初めての起業でわからないことが多いとついつい税理士や士業の方に頼んでしまいます。余計なコストが経営の致命傷になってしまうことも

しかし、起業クラウド Scheemeなら『完全成果報酬 5万円』で以下のサービスが受け放題!

・事業計画書など、書類作成サポート
・売上など、数値計画作成サポート
・専門家による融資サポート
・事業のロードマップ立案
・店舗業者の見積もり取得
・開業届の作成サポート
など

 


融資にかけるお金はなるべく少なくしたい!

初めての起業で融資を絶対成功させたい!

上記のような方のサポートを熱心に行っておりますので、まずは話をお聞かせください!

③【スマホ・PCで】入力だけの簡単な書類作成

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

通常、書類を作成する場合はExcelなどのファイルに直接記入していますよね。

そういった場合


形式が崩れちゃったり、ミスするのが怖い…

と思う方も多いのではないでしょうか?

起業クラウド Scheemeなら、システムに数値などの必要事項を入力するだけで簡単に書類ができてしまいます。

書類が崩れることもありませんし、チェックポイントが少ないので誤字・脱字が減って融資がスムーズになります。

また、スマホでの入力にも対応しているので手軽に書類作成ができます

・電車の中
・寝る前の数分
・会社の休憩時間

 

場所や時間にとらわれず、上記のようなスキマ時間に起業準備をしましょう!

起業クラウドScheemを検討してみる

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター