fbpx

飲食店 独立 / 開業

飲食店開業のために資金調達をするなら融資一択【借入先も紹介】


飲食店 融資

こんにちは、Scheeme MAG 編集部です。


飲食店を開業したいけど、お金がありません。

融資についてもっと知りたい!

上記のような疑問や悩みを解決していきます。

この記事では、飲食店を開業するときに融資を受けるメリデメを解説。それだけでなく、おすすめする融資先も紹介するので、最後までご覧ください。

①飲食店で融資を受けるメリデメ
②飲食店開業のために融資を受ける準備
③飲食店開業で融資を受ける際に注意すること
④飲食店開業でおすすめする融資先

飲食店を開業するときは融資を受けよう!

タイトルの通り、飲食店を開業するときは融資を受けましょう。

他の業種に比べて開業費も高くいので、自己資金だけで用意するのは難しいでしょう。

それだけでなく、店が軌道に乗るまでは売上が低い状態で家賃や食材費を払い続けなければいけません。飲食店が廃業する理由の最も大きな原因は、運転資金が尽きることですね。

用意できるお金は多ければ多いほうが良いので、必ず融資を受けましょう。

飲食店の開業で融資を受ける3つのメリット

飲食店を開業するなら、絶対に融資を受けたほうが良いと感じて頂けたでしょうか。

それでは具体的に、融資を受けるメリットを3つ紹介します。

飲食店の開業で融資を受けるメリット
①理想の店を作ることができる
②運転資金を確保できる
③金利を低く借りることができる

①理想の店を作ることができる

融資によって資金を増やすことができれば、理想の店に近づけることが可能です。

資金がないことが原因で、内装や外装、備品を妥協している飲食店は少なくありません。開店してから店を改装したりするのは手間が大きくなるので、開業時点でできる限り理想の店を作りましょう。

そのためには、融資で資金を増やしたほうが良いです。

②運転資金を確保できる

飲食店は、物件の固定費と食材費などお金がかかるビジネスです。

お店を開業してからは、すぐにお客さんが来ることもないので、利益が少なく固定費や食材費が出ていきます。店が軌道に乗る前に運転資金が切れて、お店を閉める企業も多いですね。

店が上手く回るまで会社を存続させられるように、融資を使って十分な運転資金を確保しましょう

③金利を低く借りることができる

融資は低く金利を借りることができます。

飲食店は利益率が低いので、金利が高い機関からお金を借りたら返済が難しくなるでしょう。

金利を低く借りられる融資で、資金を調達してください。

飲食店の開業で融資を受ける3つのデメリット

融資を受けるメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので確認しておきましょう。

飲食店の開業で融資を受けるデメリット
①融資を受けるまで手間が必要
②返済によって生活が圧迫される

 

①融資を受けるまで手間が必要

融資はすぐにお金を借りることができません。平均で2週間〜1ヶ月は必要です。

開業のために準備を進める予定である2ヶ月前には融資を申請した方が良いですね。

②返済によって生活が圧迫される

融資の返済によって、生活が圧迫される可能性があるのもデメリットです。

事業が上手くいかなければ、融資で借りた金額が借金として大きくのし掛かります。

しっかりと事業計画をして、経営が上手くいくようにしましょう。軽はずみな気持ちで融資を受けるのは、絶対におすすめしません。

飲食店開業のために融資を受ける準備

融資を受けるには、借入先から信頼されなければいけません。

色んなポイントを見られますが、絶対にやっておくべき準備を4つ紹介します。

これから融資を受けたいと考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

融資を受けるために必要な準備
①自己資金の確保
②しっかりとした事業計画書作成
③信頼を構築しておく
④担保を用意しておく

 

①自己資金の確保

自己資金がなければ、事業に対する本気度をアピールすることができません。

しっかりと計画を立てて起業している人が、自己資金0な訳がありませんよね。

どれだけの額を準備しないといけないという基準はありませんが、せめて開業必要資金の3割は自己資金で準備しましょう。

②しっかりとした事業計画書作成

自己資金を確保していても、事業の内容が悪ければ融資を受けることができません。

事業計画書は、融資の審査で最も重要なポイントになります。

経営初心者の方は、ここで失敗するケースが多いですね。自信が無ければ、専門の企業からサポートを受けましょう。

③信頼を構築しておく

自己資金と事業計画書が用意できれば、借入先と信頼構築をしておきましょう。

お金のことなので、人として信頼できるかも融資の審査基準に入っています。面談などで信頼される人間だと思ってもらうようにしてください。

④担保を用意しておく

自己資金と事業計画書をきちんと準備して、面談などで信頼されるようにすれば、融資はほとんどの確率で通ります。

最後に、事業が上手くいかなくなってお金を返せなくなった時にの為に、担保を用意しておきましょう。

何もなければ最悪は要らないですが、担保まで準備できれば借入先も安心してお金を貸すことができますね。

飲食店開業で融資を受ける際に注意すること

融資を受ける際に、注意しておくべきことを紹介します。

飲食店開業で融資を受ける際に注意すること
①公的金融機関から借りる
②借入先は紹介
③お金を滞納しない

 

①公的金融機関から借りる

融資は、たくさんの機関が行ってきます。

その中には相場以上に金利を高くしている悪い機関もあるので、注意が必要です。

公的金融機関から借りれば、金利も低く信用度も上がるので、最もおすすめの借入先になります。

②借入先は紹介

可能であれば、借入先は紹介にした方が良いです。

借入先が信頼している人からの紹介してもらえば、かなり審査が楽になります。

無理に借入先を紹介にする必要はありませんが、ぜひ検討してください。

③お金を滞納しない

融資を受けるには、責任感があって信頼できる人と認められなければいけません。

そのため、お金の滞納などは絶対に辞めましょう

クレジットカードや携帯会社への支払いを1度でも滞納すれば、情報として残されます。

融資はお金の貸し借りなので、滞納などは非常に印象が悪いです。

飲食店の開業融資は【日本政策金融公庫】がおすすめ!

ここまでの記事を読んで、飲食店の開業資金を受けたいと考えた人は多いでしょう。


どこで融資を受けたら良いですか?

上記のような疑問を持つ人への答えは、日本政策金融公庫です。

日本金融公庫は、金利を低く借りられるだけでなく、審査に通る難易度も高くないので非常におすすめです。

また信頼性の高い機関なので、ここで融資を受けることができれば、他の機関でも借りやすくなります。

よく分からない金融機関に借りて金利が高くて後悔している企業も多いので、悩んでいるのであれば日本政策金融公庫を選べば間違いありませんね。

融資に落ちた場合は?

融資に落ちれば、次に審査を受けられるのが早くて半年後になります。すると、理想としていた開業予定日から1年近くは店を開くのが遅くなると考えられるでしょう。

かなり時間がかかるので、絶対に1発で合格したほうが良いですね。

融資に1発合格するには、専門の企業に依頼したほうが可能性が高くなります。初めて起業する人の事業計画書は、書き方が間違えていたり、非現実的な計画になっているケースが多いです。

そのような事業計画書で審査は通らないので、専門の企業に依頼してプロに制作して頂くことをおすすめします。

飲食店の融資まとめ

飲食店の開業で融資を受けるメリット
①理想の店を作ることができる
②運転資金を確保できる
③金利を低く借りることができる

 

融資でお金を増やすことができれば、開店する際に理想の店にすることができたり、売上ができるまでの運転資金も作ることが可能になります。

それだけでなく、金利が低いので返済額も大きくなりません。

飲食店の開業で融資を受けるデメリット
①融資を受けるまで手間が必要
②返済によって生活が圧迫される

 

融資はお金の貸し借りなので、すぐに審査が通るわけではありません。むしろ審査が早いのであれば、その機関は注意が必要です。闇金なども審査はすぐですもんね。

しっかりとした機関に借りるのであれば、融資を受けるのが遅くなるのは仕方ありません。

融資を受けるために必要な準備
①自己資金の確保
②しっかりとした事業計画書作成
③信頼を構築しておく
④担保を用意しておく

 

この記事を読んで融資を受けようと決意した方は、上記の4項目を準備しましょう。特に重要なのは自己資金と事業計画書になります。

飲食店開業で融資を受ける際に注意すること
①公的金融機関から借りる
②借入先は紹介
③お金を滞納しない

 

融資を受けるのであれば、公的金融機関から借りましょう。すぐに誰でも借りられるのであれば、それはかなり危険です。

金利が高い可能性があるので、信用できる機関から借りることが重要です。

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター