fbpx

事業計画書

事業計画書の作成を代行している会社の費用や相場感は?


事業計画書テンプレートを記入している
創業融資

事業計画書は会社を創業する際の重要な書類です。

会社設立時に作成する事業計画には事業目的は勿論のこと、自社の将来へのビジョンや経営体制等の要素を具体的に盛り込むことが大切です。

事業計画書には必要に応じて図柄や写真を盛り込み、融資担当者や投資家等の第三者が参照しても分かりやすく作成することが大切になります。

事業構想の概要の記載を忘れないことも重要です

事業計画書を作成するにも、初めて会社を立ち上げる方は何を記載するべきかのイメージが掴めない方も多いことでしょう。

一般的には創業時に作成する事業計画書には記載形式に決まりは無く、自社の都合に応じた自由フォーマットでの記述が可能になっています。

自分の経営理念や事業の方向性、将来に向けてのビジョンを概要部分に記載していけば、初対面の第三者が見ても良いように自社の経営理念を上手に伝えることが出来る事業計画書になっていきます。

事業計画書を作成する目的は金融機関や投資家からの資金調達の意味合いが多いものです。

 

事業計画を実現するために必要となる資金を調達するには、融資担当者や投資家に自社の経営理念に賛同してもらい円滑な資金調達を実現することが重要になります。

これから事業計画書を作成する場合は、事業計画の説明に自社商品やサービスの優位性を分かりやすく掲載することを心がけましょう。

自社の事業計画が同業他社と比べてどのような点で優位性があるかや、将来的に伸びる要素があるかを明確に記載しておけば説得力のある事業計画書が作れることでしょう。

売上や収支に関する具体的な記載を忘れないようにしましょう

事業計画を考える上で最も重要な要素に、自社が扱う商材やサービスの売上計画が挙げられます。

第三者に対して自社のビジネスモデルが健全な経営を営むことが出来る事業であるかを示すためには、収支計画を詳細に検討しておくことが大切です。会社の立ち上げ時には漠然としたビジネスプランであっても、事業計画における収支計画を詳細に記載していけば、自社のビジネスモデル上の問題点が浮き彫りになっていくものです。

自分で想定する範囲内で構いませんので、商品やサービスのカテゴリ毎に月単位や年単位で想定出来る売上量や売上高を検討していくのも良いでしょう。

事業計画書は一度の作成で上手に作れるものではありません。自分で納得いくまで何度もブラッシュアップを行い、満足のいく事業計画になるまで繰り返し作成することが大切です。

 

出来上がった事業計画書は自分で見直すだけではなく、関係者に見てもらうのも良いでしょう。信頼出来る知人や親戚に見て貰うことで、自分では気が付かなかった問題点を見つけることが出来るようになるものです。

自分が投資家になったつもりで作成していき、何故このビジネスが必要になっていくのかや、どの程度の市場規模になっていくかを分かりやすく記載していくことが大切です。

信憑性の高い参考データを豊富に盛り込んでいけば高い説得力のある事業計画書に仕上がっていきます。優良な事業計画だとしても具現化出来る根拠が無くては実現していくのは難しいものです。

豊富な参考データを元に実現可能である根拠を示していき説得力のある文書に仕上げていきましょう。

融資担当者に見てもらうことをイメージして作成しましょう

事業計画書は創業時の資金調達の実現を目指し作成するのが一般的です。

自分では良い事業計画だと感じていても、融資担当者や投資家から見て魅力的なビジネスプランに見えなくては、イメージ通りの資金調達の実現も難しいものです。

事業計画書を作成する際に忘れがちになるのが、起業時に掛かかる初期費用です。

事業計画を検討する場合には自社の年間を通じての損益ばかりが気になり、起業時に掛かっていく初期費用を見落としがちになるケースは多かったりします。

会社の設立に掛かる備品や事務所の賃料などの費用を明確にしていけば、創業時に掛かる費用が明確となり、どの程度の金額を調達すべきかが具体的になるものです。文頭にビジネステーマを簡潔に表現していくことが大切です。

初めて事業計画書を見る方が自社の事業計画に好印象を抱いて貰うには文頭のビジネステーマに興味を持って貰うことが重要です。

どうして自社のビジネスプランが必要になるかや、今後の需要見込を含め簡潔に表現していけば、その後に記載する詳細な収支計画についても興味を持ってもらえるようになるものです。

 

文頭のビジネステーマに興味を持ってもらい、収支計画に納得してもらった後には、文末にどの程度の利益が見込めるかの内容を記載することを忘れないようにしましょう。

融資担当者や投資家が最終的に興味を抱くのは資金を投与したことによるリターンになるからです。毎年、どの程度の利益が見込め、どの程度の成長が見込めるビジネスモデルであるかを上手に伝えることが出来る事業計画書に仕上げていくことが重要です。

創業時の資金調達が成功していくかは事業計画書を上手に作成出来るかに掛かっていきます。自社のビジネスプランの魅力を的確に表現出来る文書の作成を目指しましょう。

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約