fbpx

事業計画書

事業計画書を作成する場面とはどんな時?創業計画書との違いは?


創業融資

創業計画書と事業計画書は、似通っている部分こそ多いものの別物です。

内容はもちろん、提出する場面も異なるため、それぞれどのような違いがあるのかは押さえておきましょう。

特に事業計画書は、創業後も触れる機会のある計画書です。そこで、必要な資金を確実に調達するためにも、記入方法や作成する場面の違いなどを紹介します。

提出する場面の違いと求められるもの

細かな違いはいくつもありますが、一番の違いは事業計画書が創業時のみ提出するのに対し、事業計画書はすでに事業を起こしている方も記入する機会があります。

最終的には融資を目的とした計画書なので、目的は事業計画書と似通ってはいるものの、事業計画書ではより綿密な計画が求められます。

すでに事業が軌道に乗っている場合は、追加資金を求める機会もなく事業計画書は必須ではないかもしれません。しかし、事業計画書は現在の収益などをまとめる良い機会でもあります。

例え資金調達の機会が直近になくても、定期的に事業計画書のフォーマット通りに現況をまとめてみることで事業をより客観的に確認できます。

また、事業計画書はそれなりのロジックも求められます。事業計画書でも論理立てて収益の見込みがあることをアピールする必要がありますが、事業計画書では現状の売上状況や新商品を開発する必要性なども交えてアピールしなければなりません。なぜその資金が必要なのか、今後会社を経営していくうえでどう業績を上げていくのかを事細かに紹介する必要があるのです。

事業計画書は動機など熱意を買われることもありますが、事業計画書はそれだけでは資金調達は難しいのです。

一般的には創業するときに事業計画書を書きますが、経験がない人は書き方が分からないことが多いです。 そのような人の中には事業計画を立てること...

https://scheeme.com/mag/founded_a5/

事業計画書の記入項目

事業計画書では、基本的にフォーマットに従って記入していきます。フォーマットは日本政策金融公庫のホームページからダウンロード可能なので、まずはそちらを見てみましょう。

>>>【日本政策金融公庫】事業計画書ダウンロード

上から現況に関する記入項目、新商品や新役務に関する記入項目など、まずは何のために資金調達の必要性が出てきたのかを記入します。

また、経営上の課題項目にもチェックを入れていきます。この課題項目が、事業計画書との違いの一つと言えるでしょう。

IT化の遅れや管理者層の育成など、会社運営するにあたって時代の流れに乗れているのか、停滞していないのかがチェックされます

ただチェックするだけでなく、右の自由記入欄に具体的な対策を書き込んでいく必要があるので、決しておざなりに書かず具体性のある内容を考えましょう。仮に資金調達をしなくても、将来に向けて経営の指針をもう一度見直す良い機会になるはずです。

次に、業績推移など詳細なデータを記入していきます。どれもきちんとした資料がなければ記入できない内容ばかりなので、経営の現況が一目瞭然となります。創業当時はこれらデータが存在しないため、ここまで事細かに書き込む必要はありませんが、事業計画書ではそうもいきません。

売上に対する根拠過去の実績を元にした売上見込など、細かい数値を持ってアピールしなければならないのです。借入先が銀行の場合、なおさら追加資金を得るためには必要なデータになります。銀行に対してアピールポイントとなるのは、熱意よりも確実性のあるデータです。きちんとデータを把握し、現在の課題を見据えているかが焦点になるでしょう。

事業計画を役立てるプレゼンテーション

事業計画書は、提出して終わりとはいきません。あくまで銀行など融資を受ける対象から信頼を得るためのツールであり、事業計画書が完成してようやくスタートなのです。

そのため、事業計画書を用いたプレゼンテーションやアピール技術も磨かなければなりません。事業計画書に書かれている内容について突っ込まれたり、より専門的な質問をされても狼狽えずにしっかりと答えられる入念な準備が必要になるのです。

また、このしっかりとした答えを支えてくれるのが上記で紹介した各データ群です。市場規模や商品開発に関わるデータなど、プレゼンテーションに役立つデータを集めて頭に入れていれば狼狽える可能性を低くできますし、資金調達がグッと近づきます。融資する側にとっても、曖昧に答えを用意されるよりデータに基づいた紹介をされた方がはるかに安心できるのです。

 

また、完璧な質疑応答は、ほぼほぼできません。自分たちだけで気付けることには限界がありますし、不意の質問を受けるかもしれません。入念なリハーサルを行うことで耐性を付けておきましょう。ぶっつけ本番では緊張してうまく説明できなかったり、頭からデータが抜け落ちる可能性があります。

他にも、遠回しな回答で煙に巻こうとしたり、はっきりしない回答を繰り返していてはせっかく作成した事業計画書が無駄になりかねません。今すぐに答えられない質問は一旦持ち帰り、再度検討しましょう。融資する側は代表者の態度も見ています。いかにも慌てて受け答えしていたり、自信なさげにしていては融資する気も失せてしまいます。質問には即答し、なおかつ疑念はなるべく晴らすことで、お互いに満足のいくプレゼンテーションを行いましょう。

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約