fbpx

良い事業計画書を作成する3つのポイント

現在起業や開業を考えていて、「まずは事業計画書を作成しなければ」と焦っている人もいるかもしれません。

しかし、事業計画や事業計画書と言っても一体どのようなものなのか、考えて見るとはっきりとは分からないですよね。

こちらでは事業計画書の意味や、良い事業計画書がどのようなものなのかについて解説します。

事業計画書とは?

事業計画書というのは文字通り、「事業についての計画を書面にしたもの」です。企業が新たに何か事業を始めようとする際に、作成した計画書を事業計画書と言います。

また、これから起業や開業しようとしている人が、自分のためや、融資を申し込む際に金融機関へ見せるために事業計画書を作成することもあります。

創業時に作成するものは特に、「創業計画書」と呼ばれることがあります。「計画」と言うと、一般的には未来についてのことが注目されますが、実はその会社についての過去や現在も盛り込まれているのが計画書です。

つまり、今後事業を成功に導くだけの実績が過去にあるか、現在どのような努力が行われているか、今すべきことは何か、が明確にされたものが事業計画書です

事業計画書の役割

事業計画書には主に4つの役割があると考えられます。

(1)企業の経営者が事業を運営していくためのツール

経営を行う上では、行動指針となる目標を含め、計画があった方が上手く進められます。

事業が進んでからも計画があることで、売上高や進捗具合、目標達成度など、実際と予測のずれを計測しながら軌道修正していくことができます。

経営者の頭の中だけで考えるのでは、すぐに忘れてしまいますし、綿密な検証作業ができません。事業計画書はそのような作業の土台となります。

(2)経営者の考えを社員や他の従業員にも伝える

創業当時には経営者1人しかいないということが多いため、経営者が頭の中だけで考えていたとしても良いのですが、

社員や従業員が増えるに従って、経営方針行動指針目標の共有が必要になってきます。

そのような時に事業計画書があれば、考えの伝達や共有がスムーズになるでしょう。

(3)社外へプレゼンテーションするため

会社の運営は自社だけではなく、多くの関係者との関わりで成り立ちます。

取引の際には、そのような関係者へ自社の状況をプレゼンテーションする必要が出てくるケースも多く、事業計画書はそのためのツールとなるのです。

(4)金融機関からの資金調達

どの役割も重要ですが、4つのうち特に金融機関からの資金調達の場面において、事業計画書の果たす役割は非常に大きくなります。

事業計画書は、銀行などで融資を受ける時には、必ず作成します。

金融機関は、事業を実現できるような能力が会社や経営者にあるか、計画に無理がないかを、主に事業計画書を見て判断するためです。

資金調達が上手くいくかどうかは、会社にとっても存続に関わる重要事項ですので、綿密な事業計画を立てて、良い事業計画書を作成することが大切です。

関連記事▼

新しく会社を創業し、運営していくために必要不可欠となるのが事業計画などを細かく記載した事業計画書です。 しかしながら、事業計画書が本当に必...

良い事業計画書とは

では、そもそも良い事業計画書はどのようなものなのでしょうか。

資金調達をスムーズにするためにも、ポイントをおさえておきたいところですよね。一般的に、良い事業計画書は次の3つのことを備えているとされています。

「5W1H」

「計画がしっかりしている・明確である」

「綺麗ごとではなく根拠が示されている」

です。それぞれ解説していきます。

5W1H

事業計画書はわかりやすくて、読みやすいものが一番良いとされます。

ついつい情報を詰め込みすぎて、結局何をアピールしたいのか分かりにくくなっているケースは多く見られます。

事業計画書を見る側(融資担当者)が、業界・業種についてよく知っているとは限らないので、基本的には誰が見ても分かりやすい書類を意識して作成することが重要です。

具体的にどうしたら良いのか、それは5W1Hの枠組みで作成することです。

5W1Hとは、Who(誰が)What(何を)When(いつ)Where(どこで)Why(なぜ)How(どのように)の頭文字をとった言葉です。

 

Who・・・事業の名称・動機、起業するなら責任者などを記載

What・・・事業コンセプト、どのような事業か、どんな商品やサービスかを記載

When・・・今後の事業の展開、いつまでにどうするといった資金繰りなど

Where・・・全国規模の事業なのか、地域密着型なのか

Why・・・事業を行う目的、会社のビジョン

How・・・具体的な行動計画

 

上記のように、6つの要素に展開すれば、わかりやすい事業計画書を作成することができます。

「計画がしっかりしている・明確である」

次の「計画がしっかりしている・明確である」は、実現可能で地に足のついた計画の方が良いということです。

仮に、壮大だったり理想を求めるような計画は、優れているかもしれませんが、ビジネスとして考えた場合には実現可能性が疑われてしまいます。

事業計画書は「計画」である分、どうしても抽象的になってしまいがちですが、身近なところまで具象化して充分に落とし込み、「この計画を踏まえて、今何をすべきなのか」までが明らかになるようにしましょう。

「根拠が示されている」

最後の「綺麗ごとではなく根拠が示されている」は、計画を成功させるためにも重要なポイントです。

事業計画書の中には通常、売上予測などを盛り込みますが、実際計画が進んだ際に、この予測は外れることが多いとされています。

その原因は、情報収集の不足で客観的な根拠に基づいた数値を上げられていないことにもあると考えられます。

予測を立てる時には業界紙・経済紙なども参考にしながら、できるだけ詳しく同業種他企業の売上状況や、市場規模に関する数値を入手し、それに基づいて予測するようにしましょう。

まとめ

このように見ると、事業計画書を作成するということは、本来とても難しいことです。

特に、これまで事業経験のない人が創業にあたって事業計画書を立てる際には、どこから手をつけてよいのか戸惑うことも多いかもしれません。

しかし、事業を行うのであれば事業計画書の作成は避けては通れませんから、「事業計画書は事業を上手く進めるためのもの」という本質を忘れないように、現実に即した良い事業計画を立てられるようにしましょう。

合わせて読みたい記事▼

融資を受けるときに必要になるのが、事業計画書です。 この事業計画書に馴染みのない人は、書き方を知らない人も多いでしょう。融資に失敗する人は...
初めて事業計画書を書くときに気をつけて置くべきこととは? 事業計画書を書き始める前に、なぜ事業計画書を書く必要があるのかしっか...
事業計画書を作成しようとした場合に、どのように書けばよいのかわからず、困ったという人も多いのではないでしょうか。 そんな時、役に立...

関連記事

起業するなら、まずは事業計画から学んでおくのがベスト!その理由とは

事業計画書を融資の為に提出する場合の、超重要な3つの記述

事業計画書で融資が決まる!?融資を受けやすい事業計画書の作成方法

事業計画書には3年分の数値計画を載せた方が良い3つの理由

ビジネスモデルを事業計画に落とし込む4つの手順

資金調達のために作る事業計画書に記載するべき8つの項目

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ