fbpx

事業計画書

補助金や助成金を受けたいなら事業計画書の作成は必須?


創業時に補助金や助成金を受けるときには、色々な資料を用意する必要があります。財務状況を説明する資料から、事業計画を説明する資料までさまざまなものを提出します。そんなときに会社の説明を詳細にする事業計画書が役に立ちます。ここでは事業計画書が補助金や助成金を受けるときに、必須なのかについて解説していきます。

事業計画書は事業を説明する大事な資料

補助金や助成金を受け取りたいときに、創業時の事業計画書を書くことは大事になります。事業計画書であれば、どんな事業をしているのかを簡潔に説明できるからです。

補助金や助成金を交付する側としては、事業内容を知らないでお金を渡すことはしないでしょう。そのため、事業計画書を上手く使うことができれば、補助金や助成金を得る近道になるのです。ただし、この計画書は万能ではありません。足りないものがあるでしょう。その足りない部分に関しては、補助資料を用意しておくことが重要です。

また、事業計画書には補助金を受け取った後の、ビジネス展開などを書くことができます。補助金や助成金を使って、どうビジネスを展開するのかは、交付する側が気になる点です。お金の使い方までしっかりと記載すると、好印象を得られます。この点を上手く表現できれば、交付する側の評価は高くなるでしょう。

他に事業計画書で企業の強みをアピールできます。補助金や助成金を受け取って、倒産するというのは交付する側としては望まないことです。そう考えると、ビジネスの強みがあることを伝えることは大切です。このような強みがあるから、補助金を受け取ってもビジネスを展開できると交付する側に分かってもらえます。企業の強みがあると補助金を受け取れる確率が上がるでしょう。

他に事業計画書があれば企業のことを全く知らない人に、どのような会社なのかを知ってもらえます。計画書には事業内容からビジネスプランまで詳細に書きます。名前を知らない企業であっても、計画書を読めば詳細に知ることができるのです。そのような知らない人が読むことを想定して事業計画を書くと、分かりやすい事業計画書になります。

もう一つ事業計画書の重要なポイントとしては、利益になるポイントが解説できる点です。ビジネスは利益になることが大事です。利益を上げるポイントを事業計画書で解説すれば、その企業がどのように利益を出すかが分かります。補助金を受け取るためには、ビジネスが上手くいくことを説明する必要があるのです。それを事業計画書であれば、詳細に解説できるでしょう。

さらに、ビジネスが伸びる可能性を示すこともできます。利益が出せるのであれば、ビジネスとして伸びていく確率は高いです。

補助金や助成金は規定を満たしていないと受け取れない

補助金や助成金はルールに従ってお金を支払っています。そのため、規定を満たしていないと、受け取ることができません。そのような規定を満たしていることを、事業計画書で示すことが大事になります。どのような規定があるかを先に調べておいて、その規定を満たすような事業計画書を書くようにするのです。例えば太陽光発電を開発する企業に助成するという規定があるとします。そのときは太陽光発電の開発をしている事業内容について詳細に書くことが大切です。

そのような事業内容についての規定であれば、その内容を規定に沿うように書きます。規定に沿っていなければ、申請をしても確実に通ることはありません。どのような規定であっても、満たすことが大事なのです。そのため規定についてしっかりと理解することが大切になります。理解することができれば、どのように満たすことができるかが分かるからです。また、事業計画書であれば規定を満たす方法を、説明することができます。規定は簡単なものから複雑なものまであります。

簡単なものであれば、その規定を満たすことだけを書けばいいです。しかし、複雑なものになると、複数のステップを踏まないとクリアできないものがあります。そのようなステップをどのように踏むかを上手く説明することが重要です。この点が分かりにくいと、補助金を受け取れない可能性があるでしょう。事業計画書では複雑であっても、しっかりと説明できることが良い点です。説明するためには長くなるかもしれません。その長い説明をすることができるのが事業計画書なのです。

補助金や助成金を受けたいなら事業計画書は必須

補助金や助成金は事業計画書を書かなくても、受けられる可能性はあります。しかし、他の企業は事業計画書を書いていることが多く、その企業よりは受ける確率が低くなるでしょう。

そのため、補助金を受けたいのであれば事業計画書を書くことは必須になります。補助金を受けるためにできることはしておいた方がいいのです。また、事業計画書を書くことでライバルと差別化することができます。他の企業よりも優秀なポイントをアピールできるからです。競合よりも一歩先に出られるチャンスが事業計画書なのです。

ただし、他の企業と同じような事業計画書では抜き出ることができません。強みやアピールポイントを絞って事業計画書に書くことが大事です。それができると、補助金を受けやすくなるでしょう。

融資を受けられるか不安…LINEで気軽に無料融資相談!
LINEで簡単に融資相談!