fbpx

事業計画書

創業時の融資審査が通る?事業計画書を上手に書くための3つの方法 【事業計画書の上手な書き方】


創業融資

一般的には創業するときに事業計画書を書きますが、経験がない人は書き方が分からないことが多いです。

そのような人の中には事業計画を立てることはできても、計画書を上手く書けないという人もいます。

事業計画が素晴らしくても上手く書けないと、読み手に伝わらないことがあるでしょう。ここではそんな事業計画書の上手な書き方について説明します。

事業計画書の上手な書き方① 【具体的で明確な計画書を書く】

創業時の事業計画書を上手に書くコツとしては、具体的であることが重要です。

具体的なビジネスプラン売上などがないと、事業計画がはっきりと見えないものになります。

例えば、飲食店を始める人の事業計画として、どんな飲食店にするのかや1日の売上について書いていないようなものです。カフェにするのか、売上はどの程度見込めるかなどを、事業計画書に書くことは基本です。

1.ビジネスプランは細かく記入するべき

特にビジネスプランを詳細に書くことは必須になります。ビジネスプランが曖昧だったり、現実的ではなかったりすると、事業計画書としては評価されません。

飲食店であれば、古民家を改装したコーヒーの美味しい喫茶店など、考えられる限り具体的にビジネスプランを書きます。

その具体的なビジネスプランを書くときに注意する点としては、独自の見解を根拠にしないことです。誰でもコーヒーが好きだから、ということを根拠にするビジネスプランはあまり評価されません。

その地域でコーヒーを飲む人の割合を調査して、その数字を根拠にすると有益なビジネスプランになります。ビジネスプランには具体性を持たせるだけではなく、根拠となる数字もあると信頼できるプランが作れます。

それを事業計画書に書くことができれば、具体的で信頼ができる計画になるでしょう。

2.現実的で明確な数字をだす

また、開業資金売上経費などの数字などを具体的で明確にしておくことも、上手に事業計画書を書くときにはポイントになります。

まず、開業するためにかかる資金が分からないと始めることができません。

そのため、事業計画書には必要となる経費を積算して、その結果を書いておくことが大事です。

それによって読み手としては、どの程度の資金を必要としているのかが分かります。さらに1日の売上と経費が分かると、見込める利益が出るでしょう。

利益が分かれば年間の純利益が予想できるようになります。これによって、開業資金を何年間で回収できるかも予測できるのです。

明確な数字を書くときに、印象が良いのは最低限で妥当な数字にすることです。売上などで無理をすれば達成できる数字だと、現実的な数字ではなくなる可能性があります。そこを低く見積もっておくと、現実が分かっていると読み手は思うのです。

事業計画書には説得力が必要!

このように、明確な数字があると、事業計画書に説得力が生まれます。

開業する前ですので利益が保証されているわけではありませんが、それでも見通しが何もない事業計画書よりも納得しやすいです。

事業計画書の上手な書き方② 【誰にでも分かる事業計画書】

事業計画書を書くときに難解な計画書を書く人がいます。事業計画書を読む人はその分野の専門家かもしれませんし、何も知らない人かもしれないのです。

そう考えて、どんな人が読んでも分かるように事業計画書は書く必要があります。

例えば、専門用語だけで書いてあるような事業計画書は、分かりやすいとは言えないでしょう。その業界だけで通じる言葉などをできるだけ排除して、一般人が分かる言葉を使用することが上手に書くコツになります。

1.表や図を使って表現

そういう意味では言葉だけではありません。表現も同じように分かりやすくしておくといいでしょう。言葉で伝わらないことは表や図などを使うことも事業計画書を上手く書く方法です。

年間の推移などを棒グラフで表現するのと言葉だけで表現するのでは、伝達率に大きな差がでます。理解するまでに時間がかかるようでは、上手な事業計画書の書き方とは言えないでしょう。

2.文字の大きさや書体も考慮

表現を工夫するなら、文字の大きさ太さ書体なども考慮することも大事です。

読みやすい大きさというものがあって、その箇所に適した大きさを使用すると事業計画書が読みやすくなります。

事業計画書の上手な書き方③ 【読み手を意識して書く】

事業計画書を上手に書くコツとしては、読み手を考えて書くことです。読み手の目線で分かりにくい表現はないかなどチェックしてみると、意外と見つかります。

そのような点を細かく手直ししていくと、読みやすい計画書になるでしょう。

また、読み手の目線で事業計画書を見てみると、納得できない部分が出てくるかもしれません。数字が過大であったり、ビジネスプランに穴があったりするのです。

そのような点を改善していくと、さらに読みやすい事業計画書になります。

1.友人や家族などに見てもらう

ただし、自分だけでは読み手の目線を考えるには限界があります。

そんなときはビジネスとは無関係な人に読んでもらうことが大事です。

それは仲の良い友人や家族でもいいです。その人が読んでも分かるのであれば、事業計画書を誰が読んでも分かるようになっているでしょう。

合わせて読みたい記事▼

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約