fbpx

事業計画書

パワーポイントで事業計画書を作る時の5つのポイント


事業計画書は会社の情報を他者に分かりやすく伝えるための資料です。

現在では他社と差をつけるため、最新のソフトやツールでデザインや構成に工夫した事業計画書を作る会社が増えています。

しかし、資料作成ソフトとして最もよく知られているのはパワーポイントではないでしょうか。

この記事では事業計画書をパワーポイントで作る理由と作成のポイントについて解説していきます。

事業計画書をパワーポイントで作るメリットとは?

企業の事業計画書はそのほとんどがパワーポイントで作られています。

新しいツールは他にもあるのに、何故パワーポイントが人気なのでしょうか。

それは単純に資料が見やすいというメリットがあるからです。

パワーポイントですっきりとまとめられた情報は頭に入りやすいのです。つまり、伝えたい内容が相手に理解されやすいということになります。

資料に目を通すだけでも大方の情報を伝えられるため、銀行への資金の融資依頼や自分の会社スタッフへの説明の際に時間をかけずに済みます。

その上、パワーポイントは大体パソコンに入っています。最新のツールを購入してやり方を調べながら作成するより簡単です。

このように、作成コストがかからないのもパワーポイントを使う会社が多い理由でしょう。

パワーポイントを使って事業計画書を作る時のポイント1

パワーポイントで事業計画書を作るなら、まずはシンプルに作ることを意識しましょう。

他の会社と差をつけようと、ついおしゃれなデザインにしたくなってしまう気持ちも分かります。

しかし、事業計画書は見た目のデザインよりも伝えたい内容の方が大切です。色をたくさん使ってカラフルにしてしまうと、何を重点的に伝えたいのかが分かりにくくなります。

それに、必ずしも相手の企業や銀行でカラーコピーが可能であるとも限りません。事業計画書はシンプルな方が目を惹き、内容をしっかり読んでもらいやすくなります。

作る時はなるべく白と黒をメインにして、必要なところだけ色を使うといった程度に留めておきましょう。

パワーポイントを使って事業計画書を作る時のポイント2

事業計画書には数値の情報を入れる時、図表やグラフを使うことがあります。その場合注意したいのが、グラフに短く説明を入れることです。

実は図表とグラフは、そのまま載せるだけでは想定したものと違った解釈になる場合もあります。

意外かもしれませんが、グラフは相手に伝わりにくいのです。

何の説明もなくただグラフだけのページだと、相手がどのように解釈すべきか分からなくなってしまいます。誤解が生じるのを防ぐためには、グラフの説明を載せておきましょう。

何のことを説明しているのか、どのように解釈してもらいたいのかを明示しておけば安心です。

パワーポイントを使って事業計画書を作る時のポイント3

事業計画書を作る際にテンプレートを使う場合もあるでしょう。テンプレートは便利ですが、ここでも気を付けたいポイントがあります。

それは、フレームワークです。

フレームワークは考えるヒントとして使う分には問題ありません。

しかし、使用し過ぎると印象ダウンに繋がることもあります。「この会社は独自の考えがない」と思われるかもしれません。

事業計画書は、相手側を説得するためのものです。事業計画書に説得力を持たせるには、「この資料は自分自身の頭で考えて作成している」ということをしっかり表現する必要があります。

そのためには、フレームワークの使用は程々にし、オリジナルの部分を多くすることが大切です。

パワーポイントを使って事業計画書を作る時のポイント4

パワーポイントでプレゼンテーション用の資料を作る時、箇条書きのものがよく見られます。確かに箇条書きは簡潔です。端的にまとめられると、資料の文字が見やすい上に内容も頭に入ってきやすくなります。

ただ、一見効率的な箇条書きには問題点もあります。

箇条書きでメリットがあるのは、資料を作った本人が直接相手にプレゼンテーションする場合にのみです。自分で説明するのなら、資料が簡潔でも良いでしょう。資料の不足部分は口頭で付け足すこともできます。

しかし、いつも自分自身で相手に説明する時間が取れるとは限りません。自分でプレゼンテーションすることが不可能な場合、作成した事業計画書は相手側だけで目を通すことになります。すると、事業計画書の内容を補足説明することができません。

箇条書きの事業計画書は、相手側に内容がきちんと伝わらず誤解が生じるリスクもあります。

事業計画書作成の際には、自分自身でプレゼンテーションができない場合にも備えておくことをおすすめします。箇条書きだけではなく、重要な箇所はしっかりと文章を記載することが大切です。

パワーポイントを使って事業計画書を作る時のポイント5

効率的な情報の伝達に役立つパワーポイントですが、ページの使い方にもコツがあります。

それは、1ページの使い方です。より良い事業計画書を作るなら、1ページには1つの情報だけを入れるということがポイントです。

パワーポイントで資料を作るとページによっては空白が多くなることもあります。その場合、空いている場所がもったいなく感じて別の情報でスペースを埋めたくなるかもしれません。

しかし、それでは1ページ入る情報としては多過ぎです。見た目も内容も雑然としてしまい、情報を理解するのに時間がかかります。

見やすく分かりやすい事業計画書は、1ページごとに伝える内容が変わります。「このページで伝えたいこと」は何なのかが分かるため、内容をしっかり読み込むことができます。

どうしても説明に必要な箇所で情報量が多くなるといった場合を除き、1ページに1つの情報にしておきましょう。空白ができても無理に詰め込まない方が無難です。

まとめ

事業計画書をパワーポイントで作る場合のポイントについて解説しました。パワーポイントには特に制限がないため、事業計画書を凝ったデザインにしたくなる方もいるかもしれません。

しかし、事業計画書を作る目的は相手の説得です。デザインに凝り過ぎると、一番読んでもらいたい中身の印象が相手に残らなくなる場合もあります。

事業計画書の見た目はシンプルに作ることがベストです。

中身は「どの部分が特に重要なのか」をあらかじめ考えてから作ると良いでしょう。

創業融資・起業のサポートなら『Scheeme』がおすすめ!

売上台帳|創業融資はスキームで!


事業計画書、テンプレはあるけど書き方がわからない…


融資サポート、税理士に頼むと高いしなあ…

上記のような悩みをお持ちの方も多いかと思います。

特に初めての起業だと、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そこで、弊社が打ち出したサービスが『起業クラウド Scheeme』です。

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

創業資金の融資や起業・開業に特化したサービスで、お客様を徹底的にサポートします!

起業クラウド Scheemeには、3つの大きなメリットがあります。

Scheemeのメリット3つ
①融資コンサルによる手厚いサポート
②業界最安の『成功報酬5万円』
③数値入力だけの簡単な書類作成

 

①融資コンサルによる手厚いサポート

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

起業クラウド Scheemeのサポートには、融資や起業に関するスペシャリストが在籍しています。

創業融資を必ず成功させるための事業計画書・数値計画書の作成方法や、融資に対する不安点の解決などが可能です。

電話のみではなく、書類を作成しながら質問ができるチャット相談もあります。

どこよりも手厚い、あなたに合わせたマンツーマンサポートが強みです。

②【業界最安!】成功報酬5万円

売上台帳|スキーム料金表

起業クラウド Scheemeの利用料金は、『融資の成功報酬5万円』のみです。

税理士や士業の融資サポートは平均20万円以上かかるので、業界最安値となっています。

なぜここまでお得にできるのかというと、【融資サポートをシステム化できているから】です。

つまり、手間がかかる書類作成などを自動化することで、人件費などを大幅に削減しています。

また、人の手で行うと起きてしまうミスなども完全になくしました。

初めての起業でわからないことが多いとついつい税理士や士業の方に頼んでしまいます。余計なコストが経営の致命傷になってしまうことも

しかし、起業クラウド Scheemeなら『完全成果報酬 5万円』で以下のサービスが受け放題!

・事業計画書など、書類作成サポート
・売上など、数値計画作成サポート
・専門家による融資サポート
・事業のロードマップ立案
・店舗業者の見積もり取得
・開業届の作成サポート
など

 


融資にかけるお金はなるべく少なくしたい!

初めての起業で融資を絶対成功させたい!

上記のような方のサポートを熱心に行っておりますので、まずは話をお聞かせください!

③【スマホ・PCで】入力だけの簡単な書類作成

売上台帳|事業計画書テンプレートの画像

通常、書類を作成する場合はExcelなどのファイルに直接記入していますよね。

そういった場合


形式が崩れちゃったり、ミスするのが怖い…

と思う方も多いのではないでしょうか?

起業クラウド Scheemeなら、システムに数値などの必要事項を入力するだけで簡単に書類ができてしまいます。

書類が崩れることもありませんし、チェックポイントが少ないので誤字・脱字が減って融資がスムーズになります。

また、スマホでの入力にも対応しているので手軽に書類作成ができます

・電車の中
・寝る前の数分
・会社の休憩時間

 

場所や時間にとらわれず、上記のようなスキマ時間に起業準備をしましょう!

起業クラウドScheemを検討してみる

融資を受けられるか不安…LINEで気軽に無料融資相談!
LINEで簡単に融資相談!