fbpx

美容室 独立 / 開業

美容室を開業しても失敗するのはなぜ?理由と対策を解説します


美容室 開業 失敗

こんにちは、Scheeme MAG 編集部です。


美容室の運営に失敗しないか不安…

美容室の開業前にどんな準備をすればいいのか分からない…

せっかく開業したし、失敗は絶対したくない!

美容室を開業する際は、上記のような不安を抱える人も多いですよね。

確かに、何も計画を立てずに美容室を開業してしまうと失敗してしまうこともあります。

今回の記事を読むことで、なぜ開業に失敗するのか、失敗しないようにするにはどうすればいいのかが分かります。

美容室を開業して失敗する理由とは?

美容室を開業して失敗する理由は多くあります。美容室を開業するにあたって何よりも重要なのは、自分自身で一つの店舗を経営していかなければならないということです。

失敗する理由として挙げられるのは、以下の項目です。

①資金力がない
②経済力がない
③メニュー料金が高い
④以前働いていた美容室と同じ感覚でいる
⑤以前来たお客が再び来るとは限らない

①資金力がない

まず、美容室を経営する上で資金力は絶対に必要です。何故なら、資金力がない美容室は1年以内に60%が経営破綻を起こしていると言われているからです。

そして3年以内には90%が経営破綻しているとされています。

美容室を経営する上で忘れがちなのが、固定費や税金など発生する料金は全て自分で何とかしなければならないことです。

特に1年目から黒字経営になるような計画を立てている場合、そのほとんどは年内に赤字になると考えて良いでしょう。

赤字経営が続いてしまえば当然生活はきつくなりますし、お金が底をつくようであれば確実に開業に失敗したと言えます。

②経済力がない

資金力の次に重要なのが経済力です。自分の店を持ったことに喜びを感じる一方で、存続させるために必要な経費や固定費は毎月容赦なく発生します。

資金が底をつかないようにするためには赤字にならないように経営する必要性がありますが、経営ノウハウや経営戦略、経営スキルが乏しいままでは失敗する可能性が高いでしょう。

特に美容師業界では、店舗の経営ノウハウなどがないのに開業するケースが多く、そのほとんどが開業に失敗している現状です。

経営ノウハウの情報を見ているだけはなおさら話になりません。

どうすれば失敗しないで済むのか、どうすれば経営が軌道に乗るのかなど、経営に関する知識やノウハウはあればあるほど困りません。

プランディングや美容室のコンセプト、出店地域など、なんとなくではなく数字で黒字経営になるように見通しが立てられるかどうかが大切です。経営者になってから学んでからは遅いです。

③メニュー料金が高い

美容師時代に腕が良かった人ほど陥りやすいと言えます。

何故なら、美容師時代は腕が良かったんだから開業したらこれくらいの値段設定は当たり前だと思っているからです。

確かに腕が良ければお客は来るかもしれませんが、値段設定となると話は別です。開業したての頃は腕が良いことなど誰も知りません。

それなのに最初からメニュー料金を高くすると敷居が高くなってお客が来なくなるでしょう。

何らかのサービスを初めとする付加価値があってこその高価格メニューだと考えましょう。

④以前働いていた美容室と同じ感覚でいる

以前働いていた美容室と同じ感覚で開業するのも失敗しやすい原因です。

以前働いていた美容室で複数人で店を回していた場合、そのことを考慮せずに開業すると、経営が困難になる可能性が高いです。

前の店の良いところを真似するのはアリですが、複数人で経営しているからこそ問題がなかったのに一人で経営していると自分一人でやらなければならないことを忘れがちです。

自分の店だからこそ、経営方針も自分ならではのやりやすい方法にした方が良いでしょう。

⑤以前来たお客が再び来るとは限らない

以前働いていた美容室で懇意にしてもらっていたお客がいる場合、新規開業した自分の美容室に来てもらうように招待する場合もあるでしょう。

しかし、最初は何回か来てもらっても、その後も来てもらえるとは限りません。

結局は以前のお客にこだわるのではなく、新規のお客に来てもらうしかありません。

以前のお客をあてにするのではなく、新規のお客を呼び込む営業力も問われるでしょう。

美容室を開業する際に失敗しないようにするには?

美容室を開業する際に失敗しないようにするためには、何が何でも美容師として働いている時に事前準備ができるかどうかです。

事前準備がしっかりできていれば、不測の事態が起きても対策できるでしょう。

①開業前の事前準備をしっかりする
②他の開業に失敗した事例を確認する
③お金の管理が得意な人を雇う

①開業前の事前準備をしっかりする

開業前の事前準備をしっかりさせることが何よりも重要です。開業してから失敗するのは、美容師として経験を積んでいる時に売り上げや経費、人材育成、経営スキル、経営ノウハウなどを学んでおく必要性があります。

何よりお金がかかりますし、物件を借りたり内装やワゴン、レジなど自分が理想とする店を実現するためにはかなりの事前準備が必要です。

いかにしっかりと事前準備ができているかが、開業成功への近道になります。

②他の開業に失敗した事例を確認する

美容室を開業する前に、他に美容室の開業に失敗した事例を確認しましょう。他の人と二の舞になることがないように、他の事例を確認して対策する必要性があります。

もちろん美容室でなくても開業に失敗した事例をできるだけ確認しておくと、それだけ同じ失敗をしないように対策しやすくなります。

③お金の管理が得意な人を雇う

美容室を開業する際には多くのお金が動きます。広告費や人件費、設備費用など、多くのお金がかかる以上は必然的に数字に強くならなければなりません。

しかし、誰しも数字に強いわけではないので、お金のやりくりに苦労することもあるでしょう。

そういう時は、税理士など数字に強い人に依頼するか、信頼できる友人に相談して雇うのがおすすめです。

まとめ

美容室の開業を成功させるのは一筋縄ではいきません。下手をすれば一つ間違えただけで失敗する可能性が付き纏ってくるので、いかに事前準備ができているかが重要です。

何よりも地道に知名度を上げて信頼してもらえる美容室になるように心がけましょう。

美容室の開業融資は『Scheem』でカンタンに!

創業融資はスキームで!


美容室を開業したいけど、融資を受けられるか不安…


融資サポート、税理士に頼むと高いしなあ…

上記のような悩みをお持ちの美容師さんも多いかと思います。

特に初めての融資は一人で受けられるかどうか不安ですよね。

そこで、弊社が打ち出したサービスが『起業クラウド Scheeme』です。

事業計画書テンプレートの画像

事業資金の融資や起業・開業に特化したサービスで、お客様を徹底的にサポートします!

起業クラウド Scheemeには、3つの大きなメリットがあります。

Scheemeのメリット3つ
①融資コンサルによる手厚いサポート
②業界最安の『成功報酬5万円』
③数値入力だけの簡単な書類作成

 

①融資コンサルによる手厚いサポート

事業計画書テンプレートの画像

起業クラウド Scheemeのサポートには、融資や起業に関するスペシャリストが在籍しています。

創業融資を必ず成功させるための事業計画書・数値計画書の作成方法や、融資に対する不安点の解決などが可能です。

電話のみではなく、書類を作成しながら質問ができるチャット相談もあります。

どこよりも手厚い、あなたに合わせたマンツーマンサポートが強みです。

②【業界最安!】成功報酬5万円

起業クラウド Scheemeの利用料金は、『融資の成功報酬5万円』のみです。

税理士や士業の融資サポートは平均20万円以上かかるので、業界最安値となっています。

なぜここまで安くできるのかというと、【融資サポートをシステム化できているから】です。

つまり、手間がかかる書類作成などを自動化することで、人件費などを大幅に削減しています。

また、人の手で行うと起きてしまうミスなども完全になくしました。

初めての起業でわからないことが多いとついつい税理士や士業の方に頼んでしまいます。余計なコストが経営の致命傷になってしまうことも

しかし、起業クラウド Scheemeなら『完全成果報酬 5万円』で以下のサービスが受け放題!

・事業計画書など、書類作成サポート
・売上など、数値計画作成サポート
・専門家による融資サポート
・事業のロードマップ立案
・店舗業者の見積もり取得
・開業届の作成サポート
など

 


融資にかけるお金はなるべく少なくしたい!

初めての起業で融資を絶対成功させたい!

上記のような方のサポートを熱心に行っておりますので、まずは話をお聞かせください!

③【スマホ・PCで】入力だけの簡単な書類作成

事業計画書テンプレートの画像

通常、書類を作成する場合はExcelなどのファイルに直接記入していますよね。

そういった場合


形式が崩れちゃったり、ミスするのが怖い…

と思う方も多いのではないでしょうか?

起業クラウド Scheemeなら、システムに数値などの必要事項を入力するだけで簡単に書類ができてしまいます。

書類が崩れることもありませんし、チェックポイントが少ないので誤字・脱字が減って融資がスムーズになります。

また、スマホでの入力にも対応しているので手軽に書類作成ができます

・電車の中
・寝る前の数分
・会社の休憩時間

 

場所や時間にとらわれず、上記のようなスキマ時間に起業準備をしましょう!

起業クラウドScheemを検討してみる

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター