fbpx

美容室 独立 / 開業

美容室開業では事業計画書が必須? 事業計画書が必要な2つの理由


美容室を開業するときには必ず事業計画書を作るべきと言えるでしょう。

どんな美容室・サロンを開業するに当たっても、まずは事業計画書を作ることから始まります。

自分の思い描く美容室ではいったいどんなことをしたいのか、その目標や目的を具体的に示すことが大事です。

また、はじめに事業計画書を作っておくことで、自分のモチベーションアップや、家族の説得、金融機関への説明など幅広く活用することができます

この記事では、美容室 開業における事業計画書作りをわかりやすく解説しています。

これから美容室を開業したい!といった方にはおすすめです。

また、いずれ独立したいと思っている方にも参考になるかと思いますので、参考にしてにみてください。

▷ 美容室開業における事業計画書の役割

美容室の開業にて非常に重要な事業計画ですが、これを作るのはかなり大変な作業になります。

しかし、これを作成しなければ美容室のを進める上ではマイナスになってしまうことが多々あります。

そもそも事業計画というものがなければ、その美容室・サロンが何をしたいのか、どこに向かって進んでいるのかという根本的なことも分かりません。

また、経費や売上、利益などもいったいどのくらいなければ美容室・サロンを存続させることができないのかという、経営する上でとても重要なことも分からなくなってしまいます。

事業計画書とは、美容室・サロンを開業してからどのように事業を展開していくのかを示すものです。

言ってみればシナリオとしての役割が強いでしょう。これがあれば事業の状況などを客観的に確認することができますから、その美容室で働くスタッフたちに美容室はが向かう方向性や今後の業務計画を理解してもらうこともできます。

事業計画書はこういう大切な目的を持っているわけですから、その作成には数字と言葉で他の人に分かりやすく説明するように書くことが重要です。

事業計画書の必要性はそれだけではありません。美容室を開業するときには当然のことですが、高額なお金が必要になります。

多くの場合、こうした金額は金融機関から融資を受けることになるでしょう。たとえば、銀行からお金を借りたりするためにはこの事業計画書が必要になるわけです。

このような会美容室開業時に必要になる金額はかなり高額になりますから、お金を貸す側にしてもこの事業計画書を見てじっくりと検討しなければなりません。

金融機関から創業融資を引き出すためにも、事業計画書の作成というものにはかなり力を入れる必要があるわけです。

▷ 開業時の事業計画書が重要な2つの理由

美容室を開業するときにも、例外なく事業計画書というものが必要だということは前述しましたが、それではどうして美容室でも事業計画書が重要なのかといった理由を2つご紹介いたします。

一つめは、既に述べたように、事業計画を明らかにすることで、それらスタッフたちにその美容室の方向性を明確にすることができるという役割があります。

何の指針もなく、目標もないままで働いてもお店のプラスにはならないものです。

二つめに、に美容室を開業する際には、まとまった高額なお金が必要になります。俗にいう開業資金のことを表します。

この開業資金をすべて自己資金で出せるのであれば何も問題はありません。特に融資を受けなくても自分自身の力や資金力で美容室を開業することはできるでしょう。

しかし、その開業資金が手元にはなく、金融機関などから借り入れをしようと考えているのであれば、やはり事業計画書は必要になるわけです。

多くの美容室では開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるのが一般的です。

日本政策金融公庫から融資を受けるには事業計画書の提出が必要です。

 

実際に美容室を開業して、そこで利益を出せなければビジネスになりません。

どうやってお店を経営していくのか、またどんなふうに顧客を獲得していくのか、そういう開業後の見通しをしっかりと立てなければどんな金融機関からも借り入れはできないでしょう。

事業計画書ではこうしたビジネスの方針や目的などを具体的に分かりやす書くことが求められます。

一番大事なのは、必ず借金を返済できる、という確かな根拠を示すことが重要です。それを事業計画書で数字と言葉で示すことになります。

▷ 独立を考えたらすぐに事業計画書を作るべし!

 

testestes

 

▷ 美容室開業における事業計画書まとめ

どんなビジネスを始めるにしても事業計画書の作成が必要だということは前述の通りですが、美容室でも飲食店でもこれは同じです。

新たな事業をスタートするにあたっての概要と計画を、数字と文字で書面に分かりやすく書き起こします。

この時に大切なことは、これからスタートさせるお店を頭の中にイメージさせることです。

そして、そのイメージした情報を今度は数字や文字に直して、誰が見ても分かりやすいものに仕上げる必要があります。

美容室開業時に必要になる事業計画書を作るときに欠かせない要素はけっこう多いです。

まず、事業内容に触れるときにビジョンやポリシーといったものも織り交ぜて書くことが重要になります。

そして、他の店とは違う点を挙げて独自の強みをアピールするわけです。経営戦略を出すことも重要でしょう。

その後にお店で取り扱うメニューやサービスの内容と価格などの細かい点も明記します。他には売上予測や損益予測などを明記し、資金計画も具体的に立てることも大切でしょう。

融資を受けられるか不安…LINEで気軽に無料融資相談!
LINEで簡単に融資相談!