fbpx

美容室 独立 / 開業

美容室を開業したい!費用や自己資金はどのくらい必要?


こんにちは、Scheeme MAG 編集部です。


美容室を開くときって自分のお金も必要なの?

美容室の開業費用ってすごく高そう…

美容室を開業するにはかなりの金額がかかります

そのため、独立をしたい美容師さんの中には上記のような不安をお持ちの方もいますよね。

でも大丈夫です。『創業融資』などの制度なら開業資金をカバーすることができます

今回は美容室を開業する場合にかかる費用や創業融資に必要な自己資金について解説していきます。

この記事のポイント
・美容室の開業費用
・開業に必要な自己資金
・自己資金が0の場合
・『創業融資』について

 

 

美容室を開業する時にかかる費用は?

通常、美容室を開業する時にかかる費用は『700〜1500万円』が相場となっています。

家賃の違いなどもありますが、ほとんどの場合最低700万円は必要です。正直、働きながら700万円を貯めるのはかなり難しいですよね。

そのため、ほとんどの方が日本政策金融公庫から『創業融資』を受けて美容室を開業しています。

創業融資とは?

創業融資とは、中小企業や起業家をサポートする『日本政策金融公庫』から創業時に受ける融資の名称です。

創業融資には

・金利が低い
・融資金額が大きい
・融資スピードが速い

 

といったメリットがあります。美容室に限らず、起業する際には受けておきたい融資です。

美容室の創業融資については、美容室の開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の書き方をご紹介!で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

開業資金の内訳

開業資金の内訳は下記のようになります。

○運転資金・・・(150万円)
○内外外装工事費・・・(476万円)
○テナント賃借費用・・・(104万円)
○機械・什器・備品等・・・(197万円)
○営業保証金、FC加盟金・・・(13万円)
【引用】日本政策金融公庫「創業の手引プラス」

○運転資金

運転資金とは、経営に必要な現金のことです。

だいたい3ヶ月分の運転資金を用意しておきましょう。毎月の固定費が50万円なら、最低でも150万円以上は確保しておきたいところです。

そのため、最初に家賃・光熱費・人件費・生活費などの固定費がいくらかかるかを細かく計算しておきましょう。

○内外装工事費

内外装工事費は、美容室の内装・外装を整えるための費用です。坪単価30〜50万円が相場になっています。

格安で工事を行なってくれる業者もいますが、相場より極端に低い場合は注意が必要です。

内外装工事費は、グレードやプランニングによっても相場が変わってきます。

①20〜40万円/坪 → 通常
②41〜55万円/坪 → 少し高級
③56〜万円/坪 → かなり高級

 

小規模な美容院で約15坪、坪単価を30万円と考えると、約450万円かかる計算になります。(15坪×坪単価30万円=約450万円)

○テナント賃借費用

テナント賃借費用は、家賃や物件取得にかかる費用などのことです。

主に、保証金(敷金)・礼金・仲介手数料・前家賃が内訳になります。

借りる物件によってそれぞれの費用が変わってきますが、家賃が1ヶ月13万円として例をあげてみます。

◆保証金(敷金)|家賃10ヶ月分|130万円
◆礼金|家賃1ヶ月分|13万円
◆仲介手数料|家賃1ヶ月分|13万円
◆前家賃|家賃2ヶ月分|26万円

 

合計で182万円となります。物件を取得する際の初期費用も思ったよりかかりますね。

ちなみに、開業場所・物件の検討は約7割の方が起業を決めてから1年以内に始めています

【引用】日本政策金融公庫「創業の手引プラス」

○機械・什器・備品等

機械とは美容器具のことで、美容器具はプロセッサー、セット椅子やシャンプー台などの購入で約100〜200万円が必要でしょう。

洗濯機や乾燥機、パソコンなどその他の設備費用は約30〜50万円ほど。

また、最初にまとまって薬剤等の仕入れを行いますが、仕入れ費用が約30〜50万円となっています。

ざっと見積もって合計で200〜300万円は用意しておきたいところです。

美容室の開業に必要な自己資金は?

美容室の開業に必要な自己資金は『開業資金の28〜50%』になります。

というのも、日本政策金融公庫から受けることができる創業融資は基本的に『自己資金の1〜2.5倍』だからです。

例をあげると、『自己資金:300万円』の場合は300〜750万円の融資を受けることができます。

そのため、『開業資金:600万円』の場合は50%、『開業資金:1050万円』の場合は28%が自己資金の割合となります。

自己資金0でも創業融資を受けられる?

結論から言うと、自己資金0でも創業融資を受けることができることはあります

ただ、信用がないとみなされてしまい、融資審査のハードルがかなり高くなってしまうためおすすめできません。

今回は


今すぐ自己資金を貯めるのはキツい!

という方向けに、『自己資金0でも融資の可能性を高める方法』を4つ紹介します!

融資の可能性を高める方法
①担保を設定する
②事業計画書でアピールする
③共同経営者などの貯蓄を使う

 

①担保を設定する

自分が所有している土地や建物を担保に設定しましょう。

そうすれば自己資金が0でも融資を受けられる可能性があります。

②事業計画書でアピールする

詳細な事業計画書を作成すれば、事業の将来性が認められて融資が通る可能性があります

融資が通りやすい事業計画書のポイントは、下記の3つです。

○理解しやすい・わかりやすい
○しっかりとした、明確な計画
○根拠のある数字

 

しっかり明確な事業計画があり、数字にも根拠を持たせられる場合には、自己資金0でも創業融資に挑戦してみましょう。

③共同経営者などの貯蓄を使う

もし共同経営者がいれば、その人の貯蓄を自己資金として提出することが可能です。

その際には通帳のコピーなどの提出が必要です。

まとめ|美容室の開業費用と自己資金について

最後に今回の要点をまとめます。

まとめ
・美容室の開業費用は『700〜1500万円』
・開業費用は『創業融資』でカバーできる
・自己資金は1/3〜半分あると融資されやすい
・自己資金が0でも融資を受けれる可能性あり

 

美容室の開業費用は『700〜1500万円』とかなり高額ですが、日本政策金融公庫の『創業融資』で大部分をカバーできます。

融資以外の自己資金は、1/3〜半分ほどあると希望額の融資が通りやすいです。

自己資金が0の場合融資は通りづらいですが、『担保の設定』や『詳細な事業計画書の用意』、『共同経営者の貯蓄』をうまく使えば融資の可能性は上がります。>>持続化給付金に対応する売上台帳の書き方・テンプレはこちら

美容室の開業融資は『Scheem』でカンタンに!

創業融資はスキームで!


美容室を開業したいけど、融資を受けられるか不安…


融資サポート、税理士に頼むと高いしなあ…

上記のような悩みをお持ちの美容師さんも多いかと思います。

特に初めての融資は一人で受けられるかどうか不安ですよね。

そこで、弊社が打ち出したサービスが『起業クラウド Scheeme』です。

事業計画書テンプレートの画像

事業資金の融資や起業・開業に特化したサービスで、お客様を徹底的にサポートします!

起業クラウド Scheemeには、3つの大きなメリットがあります。

Scheemeのメリット3つ
①融資コンサルによる手厚いサポート
②業界最安の『成功報酬5万円』
③数値入力だけの簡単な書類作成

 

①融資コンサルによる手厚いサポート

事業計画書テンプレートの画像

起業クラウド Scheemeのサポートには、融資や起業に関するスペシャリストが在籍しています。

創業融資を必ず成功させるための事業計画書・数値計画書の作成方法や、融資に対する不安点の解決などが可能です。

電話のみではなく、書類を作成しながら質問ができるチャット相談もあります。

どこよりも手厚い、あなたに合わせたマンツーマンサポートが強みです。

②【業界最安!】成功報酬5万円

起業クラウド Scheemeの利用料金は、『融資の成功報酬5万円』のみです。

税理士や士業の融資サポートは平均20万円以上かかるので、業界最安値となっています。

なぜここまで安くできるのかというと、【融資サポートをシステム化できているから】です。

つまり、手間がかかる書類作成などを自動化することで、人件費などを大幅に削減しています。

また、人の手で行うと起きてしまうミスなども完全になくしました。

初めての起業でわからないことが多いとついつい税理士や士業の方に頼んでしまいます。余計なコストが経営の致命傷になってしまうことも

しかし、起業クラウド Scheemeなら『完全成果報酬 5万円』で以下のサービスが受け放題!

・事業計画書など、書類作成サポート
・売上など、数値計画作成サポート
・専門家による融資サポート
・事業のロードマップ立案
・店舗業者の見積もり取得
・開業届の作成サポート
など

 


融資にかけるお金はなるべく少なくしたい!

初めての起業で融資を絶対成功させたい!

上記のような方のサポートを熱心に行っておりますので、まずは話をお聞かせください!

③【スマホ・PCで】入力だけの簡単な書類作成

事業計画書テンプレートの画像

通常、書類を作成する場合はExcelなどのファイルに直接記入していますよね。

そういった場合


形式が崩れちゃったり、ミスするのが怖い…

と思う方も多いのではないでしょうか?

起業クラウド Scheemeなら、システムに数値などの必要事項を入力するだけで簡単に書類ができてしまいます。

書類が崩れることもありませんし、チェックポイントが少ないので誤字・脱字が減って融資がスムーズになります。

また、スマホでの入力にも対応しているので手軽に書類作成ができます

・電車の中
・寝る前の数分
・会社の休憩時間

 

場所や時間にとらわれず、上記のようなスキマ時間に起業準備をしましょう!

起業クラウドScheemを検討してみる

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター