fbpx

美容師が独立するメリット・デメリットとは?

美容師としての経験を積むなかで、将来の働き方の選択肢の1つとして独立するというものがあると思いますが、自分で美容室を開業するとなるとどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

今現在美容室で勤務している美容師であれば、開業後の生活が想像しにくいという部分もあると思います。今回はそんな美容師へ向けて独立するメリットやデメリット、独立したい人がするべきことについてご紹介したいと思います。今後独立を考えている美容師の方の参考にしていただきたいです。

美容師が独立するメリット

美容師さんが独立するメリットといえば、

・収入が増える

・自分の時間が増えるという部分がメリットとして多くの割合をしめます。

美容師は仕事の拘束時間が長くなりがちですが、特に入社したばかりのアシスタント美容師はまだ経験も浅いため、1人前のスタイリストのような仕事は任せてもらえません。

営業終わりにカットやパーマ、カラーの練習などもしなければならないためかなり長時間働くことになってしまいます。

勤務する店舗によって差はありますが、何年か勤務してスタイリストになったところであまり収入が大きく変わるというわけではないので、経験を積んで技術に自信があり固定客のいる美容師は独立して収入アップを目指す人が多いのです。

自分が経営する店であれば、従業員などを雇う事もできるため毎日自分が出勤して働く必要もありませんし、店を営業していればある程度の収入が見込まれます。

美容師として勤務しているよりは自由な時間と収入が増える場合の方が多いようです。

またその他にも、「フランチャイズではなくなるので本部の方針に従わなくてもいい」という部分でもメリットがあります。

自分の店であれば薬剤や施術メニューなど自分のやりたいものを選ぶことができます。

フランチャイズの店舗に勤務していた時であれば、カラー剤やトリートメントといった薬剤、店内の内装のインテリアなども本部の方から指定があったと思うのですが、独立してしまえばそういったものもなくなります。

自分が本当にいいと思ったものをお客様におすすめできるやりがいがあるというのもメリットといえるでしょう。

美容師が独立するデメリット

先ほど美容師が独立するメリットをお伝えしましたが、それではデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

美容師が独立する際のデメリットとは、

・経営者としての視点で考えなければならない

・リスクを負う必要がある

が大部分をしめるとされます。

経営者としての最大の任務はやはりお店を続け、売上を作り出し盛り上げていくことだと思います。美容師として雇われていた時であれば美容師としての知識だけあれば働いていけたのですが、自分が経営者となると美容師の知識だけではなく、税金や経理の知識もなくてはなりませんし基本的な経営学や従業員を教育していくためのホスピタリティなど様々な分野の知識を増やしていく必要があります。

どうやったら売上をもっと上げることができるのか、お客様を増やすにはどうしたらいいのかなど常に経営者としての視点で物事を考えることが求められます。

それだけではなく、もしお店を経営していて生じた問題は全て経営者である自分が責任を負わなければなりません。

従業員が急病で働けなくなった場合や経営資金が足りなくなった場合など様々な問題が起こる可能性がありますが、その場合でも自分で解決しなければならないのです。

独立したい人がするべき事

美容師として独立するにあたってのメリットとデメリットをご紹介しましたが、それを踏まえて独立を考えている人がするべきことをまとめてみました。

まず独立してはじめに苦労するところといえば集客についてでしょう。

自分の固定客が全くいないとなると美容室を開業しても売り上げに繋がらず、結果的に広告費や開業後の運転資金がかなりかかってしまうことになってしまいます。

開業してしばらくはできるだけ資金を抑えて営業していきたいので、いずれ独立を考えているのであれば固定客を掴んでおくことが何よりも大事になってきます。

効果的な集客方法としてブログやSNSを始めて見るのもおすすめです。

自分の得意なスタイルや施術後の写真などをアップすることによってそれだけで宣伝になります。

簡単にできて費用もかからない方法ですので1度試してみてはいかがでしょうか。

そのほかに独立したい人がするべき事として「開業セミナーや勉強会に参加する」というのがおすすめです。

美容師として独立となるとなかなか経営者としての視点が持ちづらいにも関わらず、店舗の契約などが始まってしまうと事務作業に追われて忙しくなってしまうため勉強会やセミナーに参加する時間も取れなくなってしまいます。

そうなってしまうと、改めて経営について学ぶ機会がないまま経営者として店の運営をしていくことになるため、どういう運営をしていけばいいのかといった不安が残りがちです。

有名サロンのオーナーが行なっている経営セミナーなどもあるため、開業準備を始める前に参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は美容師が独立する際のメリットやデメリット、独立前する前にするべきことについてご紹介しました。

独立に関してはメリットやデメリットは色々ありますが、今後の自分がどういう働き方をしていきたいのかをよく考えて決めることがとても大切です。

特にデメリットの部分は勉強会に参加して経営を学ぶなど、自分の努力次第で軽減できるものもありますので、ぜひ今後独立を考えている美容師さんの参考になれば嬉しいです。

関連記事

【美容室】開業届の書き方を項目ごとに解説

美容室の開業

美容室開業の仕方がわからない方必見【出店までの手順】

美容室の開業時に税務署に提出する資料をまとめました!

美容室開業では事業計画書が必須? 事業計画書が必要な2つの理由

美容室 開業は物件選びで売上が決まる?注意すべき物件選びの3項目

自宅で美容室を開業する際にかかる費用や資金調達の方法

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ