fbpx

創業融資

ブラックリストでも事業の資金調達の可能性あり!その方法を解説


こんにちは、Scheeme MAG 編集部です。


起業したいけど、融資審査が通らなかった…

事業の資金調達がなかなかできない…

事業をやりたい・やっている方には上記のようなお悩みをお持ちの方も多いと思います。

こういった場合、『ブラックリスト』に登録されているかもしれません…。

そこで今回は

・そもそも、ブラックリストとは?
・ブラックリストはいつ解除されるのか
・ブラックリストでも資金調達する方法

 

を紹介していきます。なかなか資金調達ができない方などはぜひ参考にしてみてください。

ブラックリストって何?

『この人は金融事故を起こしました』と融資などに関わる信用機関に登録されてしまうことです。

厳密には『ブラックリスト』自体はなく、下記3つの信用機関に金融事故の情報が登録されます。

・株式会社CIC:分割払いや融資に関する信用機関
・日本信用情報機構:クレジットカードなどに関する信用機関
・全国銀行個人信用情報センター:主に銀行に関する信用機関

 

このうちどれか1つに金融事故の情報が登録されてしまうと、他の2つの機関にも共有されてしまいます。

ちょっとした金融事故でも影響が大きいため、気をつけましょう。

ブラックリストで起こる3つのこと

金融事故を起こしてブラックリストにのってしまうと、下記3つの事態が起こります。

①クレジットカードが利用・作成できなくなる
②金融機関からの融資が通らない
③キャッシングができなくなる

 

①クレジットカードが利用・作成できなくなる

クレジットカードは一時的に支払いを立て替えてもらうシステムです。

そのため、金融事故を起こして『返済能力がない』とみなされてしまうと使用ができなくなってしまいます

また、新規のクレジットカードも作成できなくなってしまいます。

現代の生活ではほぼ必須なクレジットカードが使えなくなってしまうのは痛いですね…。

②金融機関からの融資が通らない

金融機関が融資をするときは、『返済能力があるかどうか』をよくみています。

そのため、金融事故を起こすと銀行からの融資を受けることができなくなってしまいます。

金融機関からの融資なしで事業を行うのは難しいですね…。

③キャッシングができなくなる

キャッシングも借金の一部なので、返済能力がない場合はできなくなってしまいます。

普段からキャッシングをする方は、支払いの遅延や未払いに気をつけましょう。

ブラックリストにのってしまう5つの原因と解除までの期間

ブラックリストにのってしまう主な原因は以下の5つです。

①クレジットカードの未払い・支払い遅延
┗解除まで5〜10年
②自己破産や任意整理などの債務整理
┗解除まで5〜10年
③携帯電話の支払い遅延
┗解除まで5年程度
④奨学金の未払い・返済遅延
┗解除まで返済から5年
⑤クレジットカードの多重申込
┗解除まで6ヶ月

 

クレジットカードや携帯電話の支払い遅延は起こりやすいので、特に気をつけましょう。

①クレジットカードの未払い・支払い遅延

クレジットカードの場合は

・3ヶ月連続での支払い延滞
・61日以上の料金未払い

 

上記のどちらかを起こすと金融事故として信用機関に登録されます。

解除までの期間は『5〜10年』です。

②自己破産や任意整理などの債務整理

債務整理には『任意整理』、『個人再生』、『自己破産』があります。

ブラックリストにのる期間は下記です。

・任意整理:5年
・個人再生:5〜10年
・自己破産:5〜10年

③携帯電話の支払い遅延

こちらはクレジットカードと同じく、

・3ヶ月連続での支払い延滞
・61日以上の料金未払い

 

上記のどちらかを起こすと金融事故として信用機関に登録されます。

解除までの期間もクレジットカードと同じ『5〜10年』です。

④奨学金の未払い・返済遅延

奨学金は『3ヶ月連続での支払い延滞』になるとブラックリストにのります。

解除までの期間は『完済してから5年』です。

遅延した分を払ってからではないので、奨学金で金融事故を起こすとかなり長い間ブラックリストにのってしまいます

例:20歳の時に支払い遅延、完済予定35歳の時
┗解除されるのは40歳の時

 

⑤クレジットカードの多重申込

クレジットカードの多重申込は、『1ヶ月以内に複数のクレジットカードに申し込んだ場合』に該当します。

ブラックリストにのってしまう枚数などは特に決められておらず、他の信用情報などに左右されます。

解除までの期間は6ヶ月なので、他の原因と比べるとかなり短いです。

ブラックリストで事業の資金調達をする方法は?

正直、ブラックリストにのってしまうと事業の資金調達はかなり難しくなります

しかし、可能性がある方法が2つあります


金融事故を起こしてしまったけど事業資金を調達したい

という方は参考にしてください。

①創業融資を受ける

創業融資とは、日本政策金融公庫が貸し出している『事業をしたい・始めた方』向けの融資です。

事業主の意欲や人物像、現在の資金状況なども融資の審査対象で、ブラックリストの方でも可能性があります

要は『他の金融機関よりも現在の状況を見てくれる割合が大きい』のです。

以下、創業融資のメリット・デメリットです。

メリット
・金利が低く、リスクが少ない
・融資までのスピードが速い
・自己資金割合が低い(1/10程度)

 

デメリット
・ブラックリストだと通常より審査通過確率は低い

 

ブラックリストにのっていると審査通過確率は低いので、通常よりも質の高い事業計画書を提出する必要があります

そのため、少しでも融資確率を上げれるよう、専門家のサポートを受けるのがおすすめです。

弊社では事業計画書の作成を多角的な面からサポートできるサービス、起業クラウド Scheemeを提供しています。


創業融資の確率をアップさせたい!

という方はぜひ検討してみてください。

 

起業クラウド Scheemeを検討する
 

②ファクタリングを受ける

ファクタリングとは、『自社の入金待ちの請求書を売掛債権として買い取ってもらう行為』です。

未入金の請求書さえあればすぐに現金が手に入ります。

審査はありますが、『請求先会社の信頼度』や『現状の経営状況』をみるため、ブラックリストでもかなり通りやすいです。

以下、ファクタリングのメリット・デメリットです。

メリット
・金融機関の融資よりも審査が優しい
・早くて即日に資金が手に入る
・信用情報に悪影響がない

 

デメリット
・手数料が高い(安くて10%程度)
・経営が苦しいのをを知られることがある
・請求先会社が潰れた際、保証しなくてはならないことも

 

正直、リスクは創業融資よりも高いです。

創業融資も借りれなかった時や、今すぐ資金が必要な場合の最後の手段としてとらえておきましょう。

まとめ|ブラックリストにのった時の資金調達

今回の内容をまとめます!

まとめ
・ブラックリストは金融事故を起こすとのってしまう
・クレカや携帯電話、奨学金の未払いや債務整理が原因
・ブラックリストにのると、基本的に資金調達できない
・『創業融資』、『ファクタリング』なら可能性あり

 

ブラックリストは金融事故を起こした時、信用機関に情報がのってしまうことです。

クレカや携帯料金、奨学金の未払いや債務整理、クレカの多重申込が原因となります

ブラックリストにのると基本的に資金調達はできませんが、『創業融資』と『ファクタリング』なら可能性があります。

低リスクなのは『創業融資』、高リスクなのは『ファクタリング』です。

まず、信用情報を傷つけないような行動が大事です。

しかし、不注意でブラックリストにのってしまうことはあります。そういった方は今回の内容を参考に資金調達をしてみましょう。

>>持続化給付金に対応する売上台帳の書き方・テンプレはこちら

創業融資を必ず成功させるなら『Scheeme』!

創業融資はスキームで!


ブラックリストだけど、創業融資の確率を上げたい…!


税理士とかの融資サポートは高いしなあ…

ブラックリストで融資を受けようとしたら、上記のような悩みが出てきますよね。

どんな方でも融資には不安がつきものです。

そこで、弊社が打ち出したサービスが『起業クラウド Scheeme』です。

事業計画書テンプレートの画像

事業資金の融資や起業・開業に特化したサービスで、お客様を徹底的にサポートします!

起業クラウド Scheemeには、3つの大きなメリットがあります。

Scheemeのメリット3つ
①融資コンサルによる手厚いサポート
②業界最安の『成功報酬5万円』
③数値入力だけの簡単な書類作成

 

①融資コンサルによる手厚いサポート

事業計画書テンプレートの画像

起業クラウド Scheemeのサポートには、融資や起業に関するスペシャリストが在籍しています。

創業融資を必ず成功させるための事業計画書・数値計画書の作成方法や、融資に対する不安点の解決などが可能です。

電話のみではなく、書類を作成しながら質問ができるチャット相談もあります。

どこよりも手厚い、あなたに合わせたマンツーマンサポートが強みです。

②【業界最安!】成功報酬5万円

起業クラウド Scheemeの利用料金は、『融資の成功報酬5万円』のみです。

税理士や士業の融資サポートは平均20万円以上かかるので、業界最安値となっています。

なぜここまで安くできるのかというと、【融資サポートをシステム化できているから】です。

つまり、手間がかかる書類作成などを自動化することで、人件費などを大幅に削減しています。

また、人の手で行うと起きてしまうミスなども完全になくしました。

初めての起業でわからないことが多いとついつい税理士や士業の方に頼んでしまいます。余計なコストが経営の致命傷になってしまうことも

しかし、起業クラウド Scheemeなら『完全成果報酬 5万円』で以下のサービスが受け放題!

・事業計画書など、書類作成サポート
・売上など、数値計画作成サポート
・専門家による融資サポート
・事業のロードマップ立案
・店舗業者の見積もり取得
・開業届の作成サポート
など

 


融資にかけるお金はなるべく少なくしたい!

初めての起業で融資を絶対成功させたい!

上記のような方のサポートを熱心に行っておりますので、まずは話をお聞かせください!

③【スマホ・PCで】入力だけの簡単な書類作成

事業計画書テンプレートの画像

通常、書類を作成する場合はExcelなどのファイルに直接記入していますよね。

そういった場合


形式が崩れちゃったり、ミスするのが怖い…

と思う方も多いのではないでしょうか?

起業クラウド Scheemeなら、システムに数値などの必要事項を入力するだけで簡単に書類ができてしまいます。

書類が崩れることもありませんし、チェックポイントが少ないので誤字・脱字が減って融資がスムーズになります。

また、スマホでの入力にも対応しているので手軽に書類作成ができます

・電車の中
・寝る前の数分
・会社の休憩時間

 

場所や時間にとらわれず、上記のようなスキマ時間に起業準備をしましょう!

起業クラウドScheemを検討してみる

無料で融資について相談 今すぐ予約
LINEで30秒診断!簡単LINE融資シミュレーター