fbpx

学習塾の開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の書き方をご紹介

学習塾を開業するときには、資金が必要になることが多いです。場所を借りて、先生を集めて、テキストを作るなどの費用を見込む必要があるからです。そこで、融資を受けて開業しようと考える人もいるでしょう。そのような融資を受けるときには、知識が必要になります。ここでは、創業融資を受けるために必要な知識を解説していきます。

学習塾の経営に関する知識

学習塾経営に関する知識①《実務経験の重要さ》

学習塾を開業するために融資を受けるときには、学習塾の実務経験は重要です。そのため、そこから得られた知識が、融資の判断に大きく影響します。実務経験を積んでいれば、先生として授業をすることもできますし、他の先生を指導することもできます。それらを全て別の人に委ねるのであれば、人件費がかかってしまうでしょう。

学習塾を経営するときには、現場に自分が立たないという選択肢もあります。しかし、始めからそれができるのは資金が潤沢にある場合や、システムが出来上がっているケースです。そう考えると、始めから経営のみに専念できるのは簡単ではありません。

そこで、自ら先頭に立って学習塾を盛り上げる、というスタイルが重要になります。そうできるのは、実務経験を持っている人だけです。また、学習塾を管理したという知識も求められます。管理をすると学習塾の経営について、色々なことを学ぶことができます。そのような知識は開業するときに、役に立つでしょう。管理者として携わるのであれば、お金の管理についても学ぶことが大事です。基本的に学習塾では、月謝と春夏冬にある講習会が大きな収入源になります。その収入をどのように活用して、学習塾を運営しているのかを学んでおきます。

学習塾経営に関する知識②《経営に関する知識》

創業融資を受けるときに、具体的なお金の流れを説明できると、融資担当者からの評価は高いです。損益分岐点が分かれば、生徒数をどの程度集めれば良いかが分かります。それを知っていることは、開業したときに目指すべきポイントが分かるということです。具体的な数字が分かれば、目標額も設定しやすいです。そのような経営に関する知識を学ぶときは補助でも良いので、参加することが大事です。知識を収集するのに、自分で取り組む必要はありません。情報を確認する立場にいれれば、開業に役立つ情報を集めることはできます。

学習塾経営に関する知識③《先生を集める力》

その他に、持っているといい知識としては、先生を集められる知識です。学習塾に先生が一人では大きな収益に結び付きません。同じ時間帯に授業を平行して行うことで、利益を出すのです。そうするためには、先生を確保しておくことが大事になります。コンスタントに先生を集めることができれば、安定した授業運営ができます。それが安定した収入につながっていくのです。

学習塾経営に関する知識④《成功するコツ》

もう一つ、経営の知識を持っていていい点は、成功するコツを知っていることです。実地で経験していると、どのようなことが失敗につながるのかが分かります。例えば、人間関係が上手くいっていないと、学習塾では失敗するとします。これが実体験であれば説得力がでるでしょう。そのように成功や失敗につながることを知っていると、上手く経営をすることができるのです。それを知らないで創業融資を受けようとしても、具体的な成功例を示すことができません。それでは融資担当者に成功への道のりを、上手く説明することができないでしょう。

日本政策金融公庫の融資制度で資金調達をするメリット

創業融資には日本政策金融公庫の融資制度を利用するという方法があります。知らない人も少なくありませんが、この日本政策金融公庫というものは、財務省が管轄する中小企業や起業家をサポートするために融資を行っている金融機関です。

日本政策金融公庫の資金調達メリット①【金利が低い】

どんな場合にも金融機関から融資を受ける場合には、金利というものが大きな障害になります。金利が高ければそれだけ返済も大変になってしまいますから、できることならこれは低い方がいいわけです。日本政策金融公庫の融資制度では、他の金融機関から融資を受けるときよりも低い金利でお金を借りることができます。

日本政策金融公庫の資金調達メリット②【融資金額が大きい】

日本政策金融公庫の融資制度を利用するメリットは、単純に金利が低いということだけではありません。融資金額も大きいのが特徴です。創業資金の調達方法として多くの経営者は市区町村の制度融資というものを利用するケースがありますが、こちらと比較すると日本政策金融公庫の融資制度の方が融資金額が大きいです。

日本政策金融公庫の資金調達メリット③【融資スピードが早い】

また融資を受けるスピードも早いという利点があります。通常融資を申請してから着金まで2~3ヶ月ほどかかりますが、日本政策金融公庫では、1ヶ月程で着金します。どんな業種においても、融資を受けるスピードというものはかなり重要ですから、同じ融資を受けるにしても日本政策金融公庫の融資制度の方が最適だといえるでしょう。

地域の子供たちに関するマーケティングの知識

創業融資を受けるための知識として、マーケティングの知識は重要です。マーケティングの知識があれば、子供の数から学習塾に通う潜在顧客の割合を見出すことができるからです。ただし、子供の人数が多ければ、有望な地域になるというわけではありません。子供が学習塾に通わなければ収入にはつながらないからです。そこで親が教育熱心かどうかということも、要素として大切になってきます。そう考えると、子供が多くて教育熱心な親が多い地域を、選ぶことが大事です。そのような地域を選ぶためには、マーケティングの知識が必要です。子供の数は公表されているかもしれませんが、教育熱心な親の数は公表されていないからです。

教育熱心な親という情報を他の参考情報から読み取る知識があれば、求めている地域が導き出せます。ですが、そのような知識から場所を選定しても、まだ収入に結び付くかは分からないでしょう。競合がいる可能性があるからです。その地域に競合がいた場合は、予想の収益は半分以下になることもあるのです。競合は1社とは限りませんので、そのときは勝てる見込みがない戦いは挑まない方がいいかもしれません。このような情報を集めて、分析します。その結果として収入の見込みがあるのであれば、融資担当者も納得してくれる可能性は高いです。適当に場所を選定しても学習塾で成功する見込みは低いです。

学習塾の開業融資に必要となる知識のまとめ

学習塾の開業融資を受けるためには、経営の知識を持っていることが重要です。特に、実際に携わっていた実務経験があると、融資担当者の評価は高くなります。また、学習塾が成功するためには、マーケティングの知識も重要になります。それがあれば、開業融資が受けやすくなります。これらの知識を駆使して事業計画書を書けば、融資を受けられる確率が上がるでしょう。

関連記事

CICとは?融資でチェックされる個人信用情報の調べ方をご紹介

創業時に融資の準備はいつぐらいから進めればいいの?ベストな創業融資のタイミングと...

Web制作会社やWebデザイナーが創業時に、日本政策金融公庫の創業融資を受けるた...

創業融資の時に一緒に使いたいオススメの補助金や助成金

信用保証協会の融資制度と連帯保証制度をご紹介

【創業時に気になるポイント】創業融資の成功率はどのぐらい?

今から起業準備をはじめませんか?
起業クラウド『Scheeme

Scheeme(スキーム)は起業時の課題を簡単に解決
「起業準備を加速させるツール」

起業時に必要な書類や届け出、見積もり回収など
複雑な起業準備をScheemeで一元化。費用と時間を削減!
Let's do it NOW!!

無料で試してみる

事業計画書メディア ‒ スキームマグ