fbpx

カフェの開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の書き方をご紹介

カフェを始めたいと思っている人は、多いかもしれません。しかし、なかなか始められない理由の一つが、開業する設備投資を用意できない点です。そこで開業するときに、融資を受けることが重要になるのです。融資が受けられれば、開業することができるでしょう。ここではそんなカフェ経営をするときの開業融資について、必要な知識を紹介していきます。

カフェの経営についての知識

融資を受けるためには、カフェ経営について知っていることが前提になります。銀行などはカフェ経営の知識がない人に、融資をすることはほとんどないでしょう。そう考えると、カフェ経営について知識を持っていることが重要です。

【実務経験・経営知識】

まずは実務経験として、働いたことがあるかです。例えば、本から得た知識は、融資を受けるときには重要視されない知識でしょう。実際に働いたことがあって、その時に得た知識というのは他でも生かせる確率が高いです。そのため、その知識を融資する側は重視します。

実務経験がなくて、カフェ経営をしようとしても上手くいかないことが多いからです。カフェでは商品選択から、接客までは幅広い知識が必要になります。その知識は本だけから得られるものではありません。具体的な成功例や失敗例を、見てきたからこそ得られる知識もあるのです。融資を受けようと思うのであれば、まず働いてみることが大切です。他に、経営に関する知識も重要でしょう。経営の知識は本から得られるものも多くあります。

しかし、実際に管理者としてカフェ経営に携わった経験があれば、さらに評価は高くなるのです。実際に運営したことがあるというのは、カフェを始めるときにはアドバンテージでしょう。色々な経験をしているので困難にぶつかったときでも、対処法を知っている可能性が高いからです。そのことが重要だと融資する側は知っているのです。

【会計や経理の知識】

また、経営に関する知識としては、会計や経理の知識を持っていることも大事になってきます。一般的な経営の知識を持っていると、カフェ経営では失敗することが少なくなるのです。資金が足りなくなったり、仕入れ先からの入金日を間違ったりすることがなければ、致命的なミスを防げます。経営の知識がしっかりしていれば、黒字倒産ということが無くなるのです。

【メニュー開発や接客スキル】

もう一つ必要となる知識として、メニュー開発や接客などカフェに特化したものが挙げられます。カフェではお客さんを呼ぶ話題のメニューが大事です。そのメニューは独自に開発する必要があります。それ以外にも、接客が悪ければお客さんは来なくなってしまいます。そうならないように、接客の知識も十分に見つけておくことが大事でしょう。

日本政策金融公庫の融資制度で資金調達をするメリット

創業融資には日本政策金融公庫の融資制度を利用するという方法があります。知らない人も少なくありませんが、この日本政策金融公庫というものは、財務省が管轄する中小企業や起業家をサポートするために融資を行っている金融機関です。

日本政策金融公庫の資金調達メリット①【金利が低い】

どんな場合にも金融機関から融資を受ける場合には、金利というものが大きな障害になります。金利が高ければそれだけ返済も大変になってしまいますから、できることならこれは低い方がいいわけです。日本政策金融公庫の融資制度では、他の金融機関から融資を受けるときよりも低い金利でお金を借りることができます。

日本政策金融公庫の資金調達メリット②【融資金額が大きい】

日本政策金融公庫の融資制度を利用するメリットは、単純に金利が低いということだけではありません。融資金額も大きいのが特徴です。開業資金の調達方法として多くの経営者は市区町村の制度融資というものを利用するケースがありますが、こちらと比較すると日本政策金融公庫の融資制度の方が融資金額が大きいです。

日本政策金融公庫の資金調達メリット③【融資スピードが早い】

また融資を受けるスピードも早いという利点があります。通常融資を申請してから着金まで2~3ヶ月ほどかかりますが、日本政策金融公庫では、1ヶ月程で着金します。どんな業種においても、融資を受けるスピードというものはかなり重要ですから、同じ融資を受けるにしても日本政策金融公庫の融資制度の方が最適だといえるでしょう。

融資を受けるためには事業計画書が大事【カフェ経営偏】

融資を受けるには事業計画書が必要です。その事業計画書を書くには、事業計画を相手に上手く伝える知識が重要になります。カフェの事業計画はシンプルですが、それを上手く伝えるのは難しいです。

事業計画書で大事なポイント①《他店との差別化》

ポイントは他のカフェとの差別化です。その点を上手く事業計画で書くことができないと、融資担当者に良い印象を持ってもらうことができないでしょう。融資をして欲しいという人は多いです。その中で目立つためには、分かりやすく成功できるインパクトのある事業計画が必要なのです。

事業計画書で大事なポイント②《現実味のある計画》

ただし、インパクトはあっても現実的ではないものは事業計画では評価されません。あくまでも現実的にできることが前提になります。そう考えると、事業計画はすぐにでも始められる具体性が大事です。この計画通りに進めれば成功すると思わせる具体的な計画です。それを融資担当者に示すことができれば、開業融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。また、この事業計画は形式的に書くことができます。ある程度書く内容は決まっているので、一度形式的に書いてみます。そうすると、事業の内容が整理できて、どこを強調すれば良いのかが見えてくるのです。それが分かったら、強調したい部分を重点的に事業計画書には書きます。

事業計画書で大事なポイント③《利益の具体的数字》

事業計画書で重要になるのは、利益についての記述です。カフェを始めるときには設備投資が必要になるので、それを補う利益を得る方法を書く必要があります。例えば、カフェにたくさんお客さんが来たら、利益が出ますというのは具体性に欠けます。この地域のカフェでは平均来客数と客単価がこの程度だという、具体的な数字は必須です。それは調べることで分かることなので、そのような地道な努力は怠らないようにしましょう。

そんな利益に関する数字を出すために大切なこととして、マーケティングも重要です。マーケティングをしていれば、立地からお店の内装までお客さんに好まれるものを提供することができます。それができれば、開店当初からお客さんが入らないということがなくなります。マーケティングは開業融資を受けるときには重要な要素になるでしょう。

他にも、商品をこだわりすぎて費用対売上のバランスが崩れ、経営が成り立たなくなってしまわないように、仕入原価は売上げの30%程度にとどめておきましょう。

カフェ経営で開業融資を受けるために必要な知識のまとめ

開業融資を受けるためには、カフェ経営に関する知識は重要な要素です。カフェ経営の知識がないと、どうすれば成功できるかということが分からないからです。特に、実務経験は大事になります。また、事業計画書の知識も必要です。事業計画書が書けないと、事業内容を融資担当者に上手く伝えることができません。このように融資を受けるためには、それに特化した知識が必要なのです。

関連記事

創業融資には時間がかかる?申請から融資実行・振込までのスケジュールをご紹介

焼き鳥屋などの飲食で開業時、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や...

創業融資は個人事業主でもできる?創業融資を受けるための条件など

創業融資のときの自己資金はどれぐらいが良いのか?

信用保証協会とは?

創業融資の時に個人の信用情報は見られる?信用情報の調査は都市伝説なのか?

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ