fbpx

創業融資

焼き鳥屋などの飲食で開業時、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の書き方をご紹介


創業融資

焼鳥屋は数多くのお店があります。そのため、融資を受けるのは難しいかもしれません。差別化するのが容易ではないからです。開業するときに融資を受けたいのであれば、必要な知識を揃えておくことが大事です。その知識があれば、融資を受けられるだけではなく、経営していくのにも役立ちます。ここでは、開業時に融資を受けるために、必要な知識を説明していきます。

飲食店の経営に関する知識

焼鳥屋などの飲食店は身近で始めやすい事業です。それだけに失敗例が多い事業でもあります。長年続いている飲食店は、成功する秘訣を押さえていると言えるでしょう。そのような飲食店の経営に関する知識は、焼鳥屋で開業時の融資を受けるときには重要です。経営に関するノウハウがないというのでは、融資する側は融資に踏み切れません。特に、飲食店での実務経験に関しては、あった方が有利になります。実務経験があれば、飲食店で成功するために必要なことを知っていることがあります。経験がなければ、知識として知っているだけなのです。

実際に経験して学んだことは応用しやすいですし、色々な面で活用できます。焼鳥屋以外での飲食店で成功している人であれば、納得できるかもしれません。他に融資を受けるために必要な知識としては、焼鳥屋の財務に関する知識です。仕入れ原価や固定費を計算して、損益分岐点がいくらになるかを知っていることは重要です。その点を融資担当者から指摘されてスムーズに答えられないと、融資を受けるのは遠くなるでしょう。経営の土台を支えているのはこの財務です。その財務を読み解く力が経営者にないのでは、上手く経営を続けることは難しいでしょう。ただし、財務は学ぶことができます。

融資を受ける前に学んでおくと役に立つ分野ですので、学ぶ機会を作ることは有益です。財務諸表が読める程度の力は必要になります。また、広告に関する知識も大切です。焼鳥屋をオープンしたからといって、毎日満席にするには広告戦略が欠かせません。広告といっても大々的な広告は作れないでしょう。お金をかけない口コミなどで宣伝する知識を持っていると、集客できる可能性が大きくなります。もう一つ大事な知識としては、固定客をつかむための知識です。焼鳥屋を安定して経営するためには、固定客は重要です。新規のお客さんばかりを求めていては、いつも広告費がかかってしまうからです。固定客が定着すれば広告を出さなくても、いつも満席にできます。そうすれば、経費がかからない分、利益率は上がります。

他店との差別化に関する知識とマーケティングの知識

融資を受けるのに必要な知識としては、差別化に関する知識があります。どこにでもある焼鳥屋はいつの間にか消えていく可能性があるのです。そうならないように、他店にはないものをお店の目玉にするのです。例えば、SNSに載せやすいに料理を出して差別化する方法があります。そのようなことを全面に打ち出して、他では真似できない料理に取り入れます。そうすれば新規顧客をつかめて、リピーターも獲得しやすいでしょう。良い意味で目立たないと、焼鳥屋ではお客さんに選んでもらえません。その点を融資する側は知っているのです。そのため、差別化できることは評価の対象になります。

また、差別化するためには、マーケティングの知識は重要です。他のお店と同じことをしても差別化にはなりません。他のお店で出していない特徴を探すのにマーケティングは役に立ちます。もう一つ、マーケティングの知識が重要な理由は、お店の候補地を絞れる点でしょう。立地はターゲット層などによって大きく変わります。そのため、マーケティングの知識があると、店舗の候補地を絞ることができるのです。そのようにして見つけた店舗であれば、成功できる可能性は高いです。したがって、マーケティングの知識を持っていると、融資担当者からの評価は高くなるでしょう。

融資する側に納得してもらえる事業計画書を書く知識

焼鳥屋を始めるときに、融資担当者を上手く納得させる事業計画書を書くことが重要です。焼き鳥屋で成功するためのノウハウを詰め込むことが大切でしょう。ただし、焼鳥屋というポピュラーな分野では、融資担当者がそれまでに見てきたものと比べる可能性があります。そのため、ハードルは上がります。比べられることを前提にするなら、まずは形式通りに事業計画書を書きます。そして、その他に別紙に強みと差別化できるポイントを詳細に書くのです。別紙に書いてあるので、融資担当者も注目して見てくれるでしょう。そこが上手く書ければ、事業計画書としては成功です。その戦略が上手く伝えられれば、融資を受けられる確率が上がるでしょう。もう一つ融資を受けるのに大事なこととして、情熱を伝えることです。事業計画書を通してその思いが伝われば、融資に一歩近づけるでしょう。

焼鳥屋を開業するときに、融資を受けるために必要な知識のまとめ

焼鳥屋を開業するときに融資を受けるには、飲食店の経営に関する知識が必要です。これがないと、飲食店を経営できないと判断されるからです。また、他の店と差別化できれば、お店の強みになるでしょう。さらに、マーケティングの知識も大事です。他に、事業計画書を書く知識も重要でしょう。これらの知識があって、なおかつ情熱を伝えることができれば、融資を受けられる可能性が高くなるでしょう。

⚠︎⚠︎創業融資サポートを依頼する前によくお読みください⚠︎⚠︎


創業融資を受けたいんだけど何をすればいいんだろう…

創業計画書、書いたけどこれで融資が通るか不安だな…

自分一人で融資を申込んで大丈夫かな…

上記のような悩みをお持ちの方も多いと思います。特に初めての融資だと、書類はあっているのか、一人で十分な融資を受けられるか不安ですよね。

そんな方のために融資クラウドScheemeでは融資についてのご相談を無料で承っております。まずはお気軽にご相談ください!

今スグ無料融資相談

また、一人で融資申込みするのが不安だからといって税理士などが手がける創業融資サポートを依頼しようとしている方、ちょっとお待ちください!!!

創業融資について調べると、以下のようなことを謳った広告を数多く見かけることと思います。


一人で融資申込して受かる可能性は50%です

一度落ちてしまうともう申請ができません

私たち税理士のサポートを受ければ審査通過率99%です!

こんなことを言われると「一人で申込むのはキケンだけど、サポートに依頼すれば大丈夫!!」と思ってしまいますよね。しかしこれらは顧客を獲得するためのセールストークであり、真実とは異なる部分がたくさんあります。初めて融資、なんとしても成功したいから、専門家の力を借りたい…そんな方に真実をお伝えします

税理士が教えてくれない創業融資の真実

創業融資の審査通過は「自己資金」と「経験年数」で9割決まっている??

正直に言いますと、創業融資の審査通過率は審査前から大体決まっているのです。つまり、サポートに申込んでも通過率が大幅にアップすることはないのです。

【融資成功率90%以上!】▶︎自己資金・経験ともに充分で、必ず受かる方をサポートしているだけです。平均融資額も同様で、多くの融資を受けられそうな方のみサポートしているところは、必然的に融資額は大きくなります。

【公庫の融資担当者を紹介してくれるから成功率が上がる】▶︎紹介だからといって融資をするほど審査は甘くありません。あくまで大事なのはあなた自身の情報です。

上記のように、さもサポートを申込みさえすれば、融資通過率が大幅にアップするような文言が書かれていますので、お気をつけください。創業融資のサポートサービスは、あくまで書類作成や融資準備のお手伝いをするものです。魔法のような力は働きません。

融資成功率を上げる方法はないの?

では、創業融資サポートに意味はないのか?融資成功率を高める術はもうないのか?そう言われると、実はサポートに意味はありますし、融資成功率は高められます。

融資クラウドScheemeの無料融資相談では、【自分で申込むのと融資サポートを受けた時の違い】【本当に融資成功率を高める方法】等、創業融資の真実をお答えいたします

今スグ無料融資相談

そのほかにも【自分は融資が受けられるのか?】【融資申し込みにはまず何をすればいいの?】といった融資に関する素朴な疑問にもお答えします!ぜひご気軽にご相談ください!!

 

創業融資
無料で融資について相談 今すぐ予約