fbpx

工務店・建設会社の創業時に、日本政策金融公庫で創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の書き方をご紹介

工務店を開業するときには、融資を受けようとする人は多いです。

自己資金だけで補うことは難しいからです。

また、工務店を開業しようとしたら、運転資金も金額が大きくなることがあります。

それを解決するのが融資です。ただし、融資を望む人は、色々な知識を持っていることが重要になります。

ここでは、そんな工務店を開業するために、必要な知識を紹介していきます。

工務店を経営するために必要な知識

融資を受けるためには、工務店を経営できることを証明する必要があります。そのため工務店を経営するための知識は重要なのです。
そんな知識として、実務経験から得られる知識は大事です。実際に工務店に携わっていると、工務店で利益を上げる方法が分かります。どのように仕事をすれば利益が確保できるか、という知識を持っていることは大きなアドバンテージです。
それがなければ、手探りで利益を上げる方法を見つけていくことになります。仕入れから売上を上げるまでの流れが分かれば、どの点を改良すれば利益率が高まるかということも理解できます。
それであれば、融資担当者が納得できる説明ができるでしょう。
また、財務に関する知識も大切です。財務をしっかりと見ていないと、お金の流れが止まってしまいます。顧客からの入金や仕入れ先への支払いを把握して、資金に十分な余裕を持って経営することが大事です。
例えば、受注しているのにお金がなくて仕入れができないのでは、企業として信頼を失ってしまいます。財務状況をいつも確認して、どの程度余裕があるかを見極める必要があるのです。
他に、顧客や取引先に関する知識は必須です。工務店を経営する上で、顧客や取引先がいなければ成り立ちません。
その生命線とも言える顧客に関する知識がないのでは、すぐに売上を上げられないでしょう。
そうならないように、売上につながる顧客に関して、何を必要としている顧客なのかという知識を持っていることが重要になります。もう一つ大切な知識としては仕入れ先の知識です。
どの程度の原価がかかるか、あるいは支払い条件などを把握していないと、経費を計算することができません。この知識がなければ、正確な利益を計算することもできないでしょう。
さらに、工務店で必要となるスキルに関する知識も重要です。工務店では家を建てるために必要となるスキルがたくさんあります。

それらを全て習得している必要はありませんが、良し悪しの判断はできるようになっていることが大切です。それが分からないと、質の悪い職人を選ぶことになります。それでは、顧客からの信頼を失うことにつながるのです。

これらのことを総合的に把握した上で、成功するポイントに関する知識を持っていることも重要です。工務店で成功するポイントとしては、色々な人から信頼を得ることが大事になります。

そして、そのような信頼を得るためには、仕事をしっかりとすることが大切なのです。

なおかつ、融資を受けるためには、そのような知識や信頼をされていることを盛り込んだ、事業計画書を書くことが大事です。

売上の上げ方に関する具体的な知識

工務店の開業時に融資を受けるなら、売上の根拠を具体的に説明する必要があります。根拠がなければ、売れないまま売り上げがゼロになる可能性があるからです。

そうならないためには、確度が高い売上計画を具体的に持っていることが重要です。例えば、お客さんから引き合いが来ているなどの根拠があると、事業計画に具体性が出てきます。売り上げの根拠が具体的であればあるほど、融資担当者は納得しやすいでょう。

また、融資担当者はその企業が成功する確信がなければ、融資を実行しません。そう考えると、引き合いのある顧客を、売り上げにつなげられる知識を持っていることが大切になります。

潜在顧客がいても、売上につなげる知識がなければ売上に繋がりません。

この客からどれくらいの売り上げを上げられるという予測がしっかり立てられることで、融資を受けられる可能性が出てくるのです。

事業計画書を書く知識

融資を受けられるかは、事業計画書を書ける知識を持っているかによって、大きく変わってきます。事業計画書を書くときには、工務店の事業を整理して相手に分かりやすく伝えることが重要です。自分が持っている知識や計画を、具体的に説明できれば融資を受けられる可能性は高くなるでしょう。このとき必要になる、事業計画書は難しいものではありません。全く知らない人が書いたとしても、ある程度形にはなります。しかし、それを融資が受けられるレベルにするには、何度も練り直す必要があるでしょう。事業計画書を書く知識と共に工務店で成功する知識を上手く計画書に入れることも、融資を受けるためには重要になります。

工務店を開業するときに、融資を受けるために必要な知識のまとめ

工務店を始めるときに融資を受けるには、経営に関する知識を持っていることは重要です。それがなければ、融資を受けても上手く活用することができないからです。また、売上を上げるための知識や事業計画書を書く知識も大切です。これらの知識を総合して、融資担当者に融資を返すことができると、納得してもらうことが重要になります。

関連記事

創業融資の時に個人の信用情報は見られる?信用情報の調査は都市伝説なのか?

接骨院・整体院の開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業...

美容室の開業で、日本政策金融公庫の創業融資を受けるために必要な知識や事業計画書の...

創業後に最短で融資を受ける方法とは?

創業融資必要な資料

【保存版】創業融資で準備しなければいけないものとは?創業融資に必要なものリスト

タイプ別資金調達の方法をチェック!

今から起業準備をはじめませんか?
起業クラウド『Scheeme

Scheeme(スキーム)は起業時の課題を簡単に解決
「起業準備を加速させるツール」

起業時に必要な書類や届け出、見積もり回収など
複雑な起業準備をScheemeで一元化。費用と時間を削減!
Let's do it NOW!!

無料で試してみる

事業計画書メディア ‒ スキームマグ