fbpx

美容室の事業計画書の記入例まとめ【美容室版 記入例】

起業したい人

起業したい人
記入済みの事業計画書を参考にしたいなぁ
融資担当者

融資担当者
はじめての事業計画書作りは難しいですよね。そんなあなたに事業計画書の記入例をご紹介致します

お金を貸す側の金融機関は、もちろん返済能力のある人に融資をします。返済能力の有無は、基本的に決算書で判断します。しかし、創業したての企業には決算書がありません。

そこで重要なのが事業計画書です。

創業者にも融資をするために金融機関は、決算書の代わりに事業計画書で返済能力の有無を判断します。

しかし、事業計画書をいざ書いてみろと言われても、0から書くのはとても難しいですよね。

本記事では、融資を受けるための重要書類「事業計画書」を作成する際に参考となる事業計画書の記入例を紹介していきます。

事業計画書を書く前に必要なこと

起業したい人

起業したい人
早速、記入例をもとに事業計画書を書いていくぞ〜!
融資担当者

融資担当者
ちょっと待ってくださいっ!!事業計画書を書く前に全体的なコンセプトは決まっていますか?
起業したい人

起業したい人
コンセプト・・・?
融資担当者

融資担当者
書く前に、事業計画書の全体コンセプト・イメージを決めておかなければ、一貫性のある事業計画書を作成することは出来ませんよ!

 

事業計画書は、書く前に全体的なコンセプトを決めておく必要があります。

なぜなら、書いている途中に考えていることが変わっていき、一貫性のない文章になることを防ぐためです。

コンセプトを決めるべき項目は6つあります。

(1) 狙うマーケットを明確に決めておくこと

(2) そのマーケットにどんな競合相手がいて、どう差別化していくのか決めていくこと

(3) 製品やサービス内容を具体的にイメージすること

(4) 売り上げと経費の予想を現実的な数字でイメージすること

(5) 設備資金やビジネスが軌道にのるまでの運転資金の合計が、どれほどかかるのかを計算すること

(6) 毎月の返済額をどれくらいにするのか決めておくこと

事業計画書の記入例[美容室]

融資担当者

融資担当者
では、上記の6つのイメージを明確に持ってもらうために、美容室での事業計画書記入例をご紹介したします。

Aさんは美容室を開くことにしました。

コンセプトとして「年齢などの髪質の変化に対応し、お手入れしやすいスタイルと、ゆっくりとくつろげる空間」を掲げることにしました。

サービスメニューとして

・カット 4,000円(髪質に合わせたカット)

・ヘアカラー 5,000円(低刺激のオーガニック系)

・パーマ 9,000円(ダメージレス薬剤使用)

・トリートメント 1,800円(水素トリートメント)

・ヘッドスパ 2,000円(頭皮ケア)

上記を踏まえ、客単価は7,500円を想定。

 

出店場所として、広島市郊外の駅前商業施設の1階路面店にすることにしました。この出店場所は人通りも多く、近接のスーパーマーケットに来るユーザー獲得も視野に入れた物件選びとなっております。

腫瘍の顧客は20~60代と幅広くし、特に30~40代がメインユーザーと仮定。

ターゲットから、キッズスペースの設置を決めました。

収支計画として、

初年度の売上目標は1200万円で経常利益は260万円を想定。オープン初期のスタッフはパートのアシスタントスタッフ1名(妻)で試算。

売上:1200万円

原価:200万円

粗利:1000万円

販管費:780万円

営業利益:270万円(営業利益率20%)

※個人事業のため営業利益がオーナー個人の所得となります。

売上の根拠として、

平均客単価:7500円

新規顧客離脱率:50%

顧客来店サイクル:4週間

としました。

借入額が800万円で7年返済の場合、毎月の返済額が10万円前後となります。

 

つまり、このオーナーの所得として

オーナー所得:270万円

パート妻所得:100万円(月9万円)

銀行返済額:120万円(月10万円)

合計:250万円となります。

初年度の所得として多くはないが生活はでき、銀行返済できるキャッシュも生み出せることが銀行から評価され融資を受けることができました。

もちろん、2〜3年めにはスタイリスト採用をし、売上も上がり全体の収益が向上したためオーナーの生活も安定するといったところまで事業計画書で書くことが良かったと言えます。

事業計画書の記入例[飲食店]

融資担当者

融資担当者
次に、飲食店の事業計画書記入例をご紹介します

Bさんは和風のカフェを開くことにしました。

オリジナルの和風カフェではなく、フランチャイズでの出店を検討。全国で100店舗以上出店している実績や、研修制度が充実しているのでフランチャイズでの開業を決めました。

出店場所は駅から徒歩1分、1日に15000人の利用が、駅周辺は住宅地になっております。近隣には女性専用のフィットネス、美容室、歯科などがあり、日中の人通りはあるがランチを出しているお店が少ないことが出店場所として選んだ決め手。

創業当初の売上として

営業日数として、

平日:22日

土曜日:4日

日曜日:4日

営業時間:朝(8:00〜10:00)昼(10:00〜14:00)夜(14:00〜20:00)

 

客単価:629円

客数/月:2,268人

月商:1,426,572円

年商:1711万円

としました。

このように、飲食店では平日・土日・ランチタイムなど時間や曜日によって売上が変わるためこれらをしっかりと計画に落とし込むことで、根拠のある売上計画を立てることができます。

事業計画書に事業内容を記入するにあたって

融資担当者

融資担当者
次に、事業計画書を書くにあたり気をつけてほしいポイントをご紹介します

 

事業計画書を書く際に気をつけたいポイント①

1つ目は、創業する目的、動機についてです。

ビジネスにかける熱い想いや夢、使命感を語ると、融資担当者に対して真面目で、信念を持っているという印象を与えることができます。

融資を受けるためには、これらの印象は不可欠です。

真面目な印象は返済義務を果たしてくれるだろうという安心感を与えます。信念を持っているという印象は、事業にストイックに取り組むだろうという期待感を与えます。この結果、審査を優位に進めることができます。

例えばフレンチレストランを創業するのであったら、

「フレンチのお店の雰囲気、料理が好きで、もっと多くの人と、この良さを分かち合いたい」

などと信念を堂々と語ると、審査担当者に好印象を与え、融資を受ける近道となります。

 

事業計画書を書く際に気をつけたいポイント②

2つ目は、セールスポイントについてです。ここでは、他の競合相手との差別化の内容を明確にする必要があります。上記の例のように、価格幅を上げ、裕福なファミリー層をターゲットにする。

他の例で言えば、ラーメン店を開店し、独自の工程で商品の提供スピードを速くするなどが、数ある例の中の一つです。

しかし、具体的な差別化の内容が思い浮かばない場合は、ビジネスの基本を書いておくのも一つの手です。

礼儀正しい応対をすることや、商品に不備がないように心がけるなどが、代表例の一つです。

ただ、これらは何も思い浮かばない時の最終手段なので、できるだけ他の企業が思いつかないような差別化の内容をアピールすることが、融資を受ける近道となります。

 

事業計画書を書く際に気をつけたいポイント③

3つ目は、取り扱う商品やサービスについてです。

審査担当者は、理解できない事業に対して融資をすることは決してありません。

そのため、商品やサービスの概要を記載することはもちろん、それに加えて実物や写真を見せて、具体的に説明することが求められます。

飲食や服飾など、売るものが明確な事業は審査担当者を理解させることは簡単です。

しかし、ITビジネスなどの専門的な知識が必要な事業については、相手がその分野について精通していない可能性もあり、理解させることが難しいことがあります。

仮に審査担当者がその商品やサービスについての理解が追いつかなかった場合、事業に対して評価を大幅に下げるということもあります。

そのため、専門的な知識が必要な事業の創業者は、融資の審査対象者がその事業に精通していないと仮定しましょう。

その上で、商品やサービスを理解してもらえるような説明を用意しておきましょう。

関連記事

事業計画書に記載する【売上予測】の算出方法

事業計画書の作成手順を初心者でも分かりやすく解説!便利なテンプレート付き

事業計画書のテンプレートは本当に使えるのか?

事業計画書の作成で外せない5つの項目!主要項目をしっかり掴んで完璧な計画書を

【事業計画書を作るとき】運転資金とは?運転資金と設備投資の分け方

事業計画書はパワーポイントで綺麗な仕上がりに! サンプルを元に徹底解説

たったの5分で事業計画書を作成
融資申込みも簡単に出来るツール

Scheeme(スキーム)は起業時の課題を簡単に解決
「起業準備を加速させるツール」

Scheemeでは事業計画書を簡単に作成できます!
財務計画は一括で自動出力ができ、
作成した後の融資申込みまで簡単に

無料で事前登録

事業計画書メディア ‒ スキームマグ