fbpx

事業計画書で書かなきゃいけない創業の動機はどう書くのが良いのか?

企業を創業する際には日本政策金融公庫などから融資を受けるケースが多いです。その際に必要になるのが事業計画書です。事業計画書には創業の動機など非常に重要な内容を含んでおり、日本政策金融公庫が融資をするかどうかの判断に大きな影響を与えます。それではどのような創業の動機を書けば、融資を受けやすくなるのでしょうか。

事業計画書の創業動機が何故重要となるのか

日本政策金融公庫に提出しなければならない事業計画書では必須項目として創業動機を記入する欄を用意しています。その記入欄は事業計画書の最初の項目となっていることから、日本政策金融公庫は創業動機を非常に重視していることが分かります。日本政策金融公庫にはこれまでに操業してきた莫大な数の企業のデータがあります。どのような創業動機で起業した企業が成功を収めているかという情報もはっきりしています。そのため、融資を受けに来た方の記入している創業動機を非常に重視し、審査結果に反映します。融資を確実に受けたいのであればこの項目には特にこだわっておく必要があります。いかに資金力があって計画性が高くても、創業動機がほとんど書かれていないような状態の場合は審査を受けられない可能性が高まってしまいます。逆に言えば担当者の胸を打つような創業動機を書くことが出来れば審査に有利となります。

創業動機を書く時のポイントについて

企業を起こすときには何らかの理由があるはずなので、それをそのまま書くだけでも創業動機となります。しかし、素直な創業の理由を書くだけでは担当者へ訴えかけるものが少ないかもしれません。そこでまず参考にしておきたいのが日本政策金融公庫が発行している「創業の手引き」です。ここには創業をするにあたって重要な情報が記載されています。意外にも読んでいる創業者は少ないともいわれていますが、日本政策金融公庫が正式に発行している冊子なので可能な限り読んでおくことをおすすめします。やはり担当者としても自分の組織が発行しているものを創業者が熟読していることは好印象になります。

創業動機において欠かせない要素の1つに時期の限定があります。創業する際にはタイミングが非常に重要となります。様々なタイミングがある中で今創業することに必然性があるのかということを記しておく必要があります。ビジネスにおいては事業を開始する時期によって収益が大きく変わることも少なくありません。今でなくてはならない明白な理由を記しておきましょう。ただし、実際に起業をする時期については個人的な事情もあるのでなかなか真っ当な理由がないケースもあります。その場合であっても何らかの必然性を感じさせる内容を記載することをお勧めします。先んずれば人を制すという言葉もあるので、自社の行おうとしている事業に先進性がある場合はそこを強調しておくのが有効です。

創業動機においては社会性をどこまで理解しているかも重要となります。企業は利益を追求することが欠かせませんが、一方で社会に重要な影響を与える存在としての自覚も必要となっています。社会に貢献することへの使命感は創業の動機として十分といえるでしょう。例えば、ある食品を販売するメーカーならばその食品を売って利益を出すことも目的となりますが、その食品が一般家庭の食卓に並ぶことで幸せを感じてもらうということも大切です。自社の商品に自信があれば、その商品が生み出してくれる幸福感にも自信を持つことが出来るでしょう。また、企業として雇用を促進したり、平均水準より高く安定した給与を従業員に支払ったりすることは明白な社会貢献となります。社会貢献について触れておくことは創業動機を読んだ方に好印象を与える点でも重要です。

一時的ではない創業動機が大切

企業が創業するとそこに労働者が集まり、段々と顧客を抱えることになります。企業は創業者だけのものではなく、多くの方に影響を与える存在です。そのため、一時的なものであってはいけません。企業が継続する前提についてはゴーイングコンサーンという言葉でも表現されます。いかに素晴らしい創業動機があったとしてもそれが一時的であれば本末転倒です。一時的な動機を達成しただけで創業者が満足し、経営をやめてしまうと多くの方に重大な負の影響を与えてしまいます。そのような感覚で創業を行う方が増えると社会的な問題にも発展しかねません。そこで日本政策金融公庫では一時的な動機に左右されるのではなく、将来の展望をしっかりと見据えている創業者に融資を行います。創業動機には将来に向けてのことも書くようにしておきましょう。

創業動機を書いていると他にも同じような動機で創業している企業があるのでは、という不安にかられることもあります。同種の企業であればどうしても同じような創業動機になってしまいがちです。しかし、他の創業者が書きそうな動機を書いていても埋もれてしまいます。そのため、自社ならではの創業動機を記入しておくことが必要となります。理想は全面的に自社の特色を押し出すことですが、それは容易なことではありません。全面的に押し出すことが難しくても、所々に強い独自色を出せるようにしておきましょう。

関連記事

事業計画書で経営者の略歴が重要視される2つの理由

事業計画書にエクセル・パワーポイントを使用する3つのメリット

事業計画書に損益計算書や数値計画は必要なのか?

事業計画書テンプレート5つの最重要項目【無料ダウンロード】事業計画書テンプレート...

銀行融資の審査が通りやすい事業計画書を作成する重要な3つの要素

事業計画書の記入例まとめ【飲食店版 記入例】【美容室版 記入例】

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ