資金調達の“すべて“をわかりやすく解説したメディア

固定費と変動費について

更新日
noimage
固定費と変動費について | Scheeme スキームでは、そんな事業計画書のテンプレートや書き方など創業/独立/融資に役立つ情報を発信しています!これから事業計画書を作るという方は是非参考にしてみてください!

販売費や管理費の金額を予測する場合には、全ての経費をあらかじめ、変動費か固定費に分類して整理しておきます。
固定費とは、売上や会社の活動量の変動に関係なく一定の金額が発生する費用のことを言います。
一方変動費とは、売上や活動量が増えると増加し、売上や活動量の減少に応じて減っていく費用のことです。
固定費には、減価償却費や支払家賃のように、設備の維持のために発生するものと、役員報酬や給料の基本給などのように人件費のかかるもの、通信費や諸管理費などのように通常の事業活動を維持するために必要なものがあげられます。変動費には、原材料費や商品仕入のように売上に直接連動して発生する売上原価や、広告宣伝費や正社員の残業代など会社の活動量に応じて増加するもの、運送費や外交員報酬などのように販売量の増加にともなって増えるものがあります。具体的には下記のように分かれます。

固定費

役員報酬、正社員の給料(基本給・各種手当)、派遣社員への支払い、法定福利費、支払家賃、リース料、減価償却費、水道光熱費、通信費、通勤交通費、保険料、交際費、諸会費、諸管理費、租税公課、消耗品費など

変動費

商品仕入、パートタイマーの給料、正社員の残業代、外注加工費、外交員報酬、代理店手数料、広告宣伝費、販売促進費、旅費交通費、運送費、配送費、荷造包装費、荷造梱包費など

固定費と変動費の分類基準には、決まりがあるわけではありません。事業内容や状況に応じて、変わってきます。たとえば事務系の派遣社員への支払いは、月によって変動しないので通常固定費になりますが、製造部門への派遣社員への支払いは、季節によって変動するので、変動費に分類するのが妥当です。また1つの科目の中に、変動費部分と固定費部分の両方が含まれている場合には、より性格の強い方に分類すれば十分です。

経費の見直しに役に立つ

費用を固定費と変動費に分けるメリットは、十分な利益が確保できなかった場合でも、どの経費をどれだけ見直すべきかのシミュレーションに使えることです。売上と費用の合計額が等しくなるポイントを損益分岐点と言います。売上が損益分岐点を下回っていれば赤字、上回っていれば黒字ということになります。損益分岐点分析では、会社は固定費を上回る利益を出して初めて黒字になれるという考え方をします。あらかじめすべての費用を固定費・変動費に分けておくと、予想通りに利益を確保できなかった場合に、その原因を探ったり、あといくらの売上を増やせば、赤字を解消できるかなどを分析する際に便利です。

認定支援機関がサポート 融資成功確率が大幅にUP!
認定支援機関がサポート 融資成功確率が大幅にUP!
創業融資を絶対に成功させたい方必見!
この記事の監修
Scheeme株式会社
ScheemeMAG編集部
資金調達から経営まで今日から使える情報を発信!一般的な融資/創業融資・補助金に関する情報を初めての方にもわかりやすくお届け致します。公認会計士・税理士や銀行融資担当者が融資や補助金の専門家が監修しております。