fbpx

PICK UP

【持続化給付金に完全対応】売上台帳の書き方とエクセルテンプレート無料配布!


2020年 持続化給付金の申請が始まりました。

皆さんは既に持続化給付金の申請をしましたか?

コロナウイルスの影響がでている法人やフリーランスの方にとって命綱とも言える「持続化給付金」ですが、

共通して申請の際にいくつか引っかかるポイントがあります。

それが、【売上台帳のアップロード】です。

 

特にフリーランス・個人事業主の方は毎年12月にまとめて、

経理を行うといった方が多いため急に売上台帳を出せと言われても出せないといった方が多いのではないでしょうか?

 

今回は、そんな持続化給付金の申請において、中小法人・個人事業やフリーランスの方が持続化給付金の申請時に

「とりあえずだせる売上台帳」の作成方法と売上台帳のエクセルテンプレートを配布いたします。

まだ申請していない方は是非参考にしてみてください!

 

そもそも売上台帳って?

売上台帳とはその名の通り売上を管理する帳簿(台帳)になります。

主に、経理部のある法人がリアルタイムに売上を管理するために使うことが多いです。

会計ソフトでの売上管理では1ヶ月〜1ヶ月半程送れるため管理会計には適していないため、売上台帳を使うといったことがあるそうです。

 

持続化給付金で使う売上台帳ってどんなもの?

持続化給付金で使用できる「売上台帳」は下記のようなものになります。

このような売上台帳でも十分持続化給付金の申請には対応することができます。

 

持続化給付金申請時の売上台帳作る際のポイント

【売上減少となった月の売上台帳の写し】は下記の様式であればOKとされております。

・経理/会計ソフトから抽出した売上データ

・エクセル等で作成した売上データ

・手書きの売上帳のコピーなど

※各データの保存形式はPDF・JPG・PNGでアップロード

※対象月の事業収入であることを確認できるように『2020年●月』と明確に記載しましょう

 

必ず記入しておかないといけないポイント

1:会社名/事業名

2:対象期間

上記2点は、もれなく記載するようにしておきましょう。

 

持続化給付金の売上台帳作成で使えるテンプレート

下記より「持続化給付金の売上台帳作成で使えるテンプレート」をダウンロードできますので、ご利用ください。

※ たくさんのコロナで困っている事業主にシェアできるよう皆様のHPやブログでの転載よろしくお願い致します!!

追加融資をお考えの事業主様へ

金融機関から追加融資を受ける際に、場合によりますが様々な書類が必要です。

損益計算書、貸借対照表、資金繰り表、事業計画書、試算表など準備しなければいけません。

起業クラウドScheemeでは、月額980円で事業計画書、資金繰り表、収支計画書などの融資に必要な書類が作成できます。

さらに、融資専門の担当者が在籍しており、追加融資を受ける際にも電話やチャットで手厚いサポートを受けることができます。

追加融資に不安をお持ちの方は、一度Scheemeで融資サポートを受けてみてください!

>> Scheemeで融資サポートを受けてみる