fbpx

事業承継とは?なぜ必要なのか。後継者選びのポイントや必要な対策

事業承継は世代交代が、必要な会社では重要な問題です。特に、経営陣が高齢になってくると、急に世代交代しなければいけないということも起こり得ます。そうならないように、あらかじめ準備しておくことが大事なのです。準備ができていないと想定外の世代交代になる可能性もあります。ここでは、事業継承が必要な理由、後継者選びのポイント、後継者選びに必要な対策などを解説していきます。

事業承継が必要な理由とは?

事業承継は世代交代をするときに、重要な役割を果たします。それがなければ、信念や理念は受け継ぐことはできないでしょう。長く続いている企業では、この事業承継をシステムとして確立しています。このように上手く次世代にバトンを渡すためには、事業継承は重要なのです。

事業承継が必要な理由①【企業理念を引き継ぐ】

事業を引き継ぐ行為が大切な理由としては、まず企業理念を引き継ぐことが上げられます。何のためにある企業なのかや企業マインドは、普通の世代交代では上手く引き継げません。

そこで事業承継を上手く活用することが大切なのです。上手く活用することができれば、世代交代前と同じように企業が活躍することができます。しかし、上手く世代交代ができないと、別の会社になる可能性もあるでしょう。同じ名前の企業でも世代交代でマインドや経営理念が変わってしまうと、違う会社へ変貌していきます。これは受け継がせる側の失敗です。

事業承継が必要な理由②【旧経営陣が次世代を育てる】

他に事業承継をする理由としては、旧経営陣が次世代を育てることできる点でしょう。上手く育てることができれば、次の世代へ安心してバトンを渡せます。旧経営陣が学んだ経験は貴重なものです。

そのような経験談は企業の未来に役に立ちますので、それを継承できないと、同じような困難に出会った場合に乗り越えられないかもしれません。そういう意味では後継者を教育できるということは、事業承継をするメリットと言えるでしょう。次の世代を担う経営者になるように、後継者を育てることができます。カリキュラムがしっかりできていれば、しっかりした後継者が育つのです。このようなシステムが出来上がれば、何世代にも渡ってバトンを受け継ぐことも可能でしょう。企業を長く存続させていくためには、そのバトンを継承し続けることが重要になります。

後継者選びのポイント

後継者選びは何を基準で選べばいいのか、どうやって選べばいいのか、分からず困ってしまう方も多いのではないでしょうか。ここでは、後継者選びの際に重要な4つのポイントを紹介していきます。

後継者選びのポイント①【時間をかけること】

後継者選びは難航することが多いです。そのため、時間をかけることがポイントになります。それができれば、候補者をじっくり観察することができます。観察することで色々な点が浮き彫りになるでしょう。いい面と悪い面を総合的に考えて、後継者を選ぶことが重要なのです。選ぶ時間が短いと、そこまで深い観察ができません。そうなってしまうと、後継者の本質が見えないことがあるのです。本質が見えないと、間違った人選をすることにつながります。ミスがないように本質から、後継者の資質を見抜くことが大事です。

後継者選びのポイント②【全ての社員から選ぶこと】

加えて、後継者選びをするときには、全ての社員から選ぶことがポイントです。一番後継者にふさわしい人はどこに潜んでいるか分かりません。そう考えると、社員全員をチェックして、優秀な人を見つけ出すことが大切になります。

後継者選びのポイント③【教育すること】

その他のポイントとしては、しっかり教育することです。教育をすることで事業承継をしっかりと行うことができるのです。この教育に関しては、年単位でカリキュラムを考えておくと、継承できる重要なことが増えるでしょう。ただし、教育するのは複数の候補者に対してです。一人だけに教育すると、その人が辞めてしまうかもしれませんし、病気になるかもしれません。そうなったときに代わりがいないことになります。なおかつ、候補者が複数いれば、競い合うことが期待できますし、経営陣としてより活躍できる人材になる可能性もあります。そして、複数の候補者を教育していき、最後にトップを決定して残りは経営陣に加える方が上手く世代交代ができるでしょう。

後継者選びのポイント④【愛情精神があること】

また、候補者を選ぶときは、愛社精神があることもポイントの一つです。会社を愛する気持ちが強ければ、会社のために頑張ることができるので、少しくらい能力が劣っていても問題ないでしょう。そのため、真面目で愛社精神がある人が、後継者に向いていると言えます。

後継者選びに必要な対策

後継者は会社側が選定することで見つけることができますが、後継者を選ぶためには、詳細な個人データを全て確認することが必要です。けれども、社員数が多ければ 、大変な作業になることは間違いありません。しかし、それでもきちんと全ての社員を対象に後継者選びをすることで、優秀な人材を見つけられる確率が大幅に上がります。

なお、後継者選びに十分な時間が取れないときには、社員の一部のデータだけでも確認することが大切です。それによって、最適な候補者選びができるでしょう。

事業承継が必要な理由、後継者選びのポイント、必要な対策などのまとめ

事業承継は企業の信念や理念を継承することができるため、必要です。これがなければ、全く別の会社になる可能性もあります。また、後継者の選定や教育には時間がかかりますが、きちんと時間をかけて行うことがポイントです。他に必要な対策として、個人データを確認することがあります。これらのポイントや対策を行うことで、事業承継が上手くできる確率が上がるでしょう。

関連記事

会社設立!税理士をつけるタイミングや選び方とは?

経営革新計画書の書き方マニュアル!【完全版】

知らないと損をしてしまう「法人×税金」の関係を詳しく解説!

資金繰り表の書き方マニュアル!【完全版】

経営計画書とは?

知らないと損をしてしまう「個人事業主×税金」の関係を詳しく解説!

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ