fbpx

稲畑産業アクセラレーター2019|2019年開催アクセラレータープログラム

プログラム概要

稲畑産業株式会社は、京都において1890年に欧州の染料、染織機械の輸入販売から事業を始めました。

ケミカル事業を中心に事業領域を拡大し、現在では合成樹脂、情報電子、化学品、生活産業の4つの事業分野で、世界17カ国60余拠点にビジネスを展開しています。これまでの事業拡大の過程において、市場開発や製造・加工、物流、ファイナンスといったさまざまな機能を蓄積してきました。

2021年3月期を最終年度とする中期経営計画では、注力する4つの分野として自動車、ライフサイエンス・医療、環境・エネルギー、農業を含む食品を掲げています。

このプログラムを通じて、スタートアップの皆様が持つ斬新なアイディア・技術・ノウハウと稲畑産業が持つ経営リソースを繋ぎ合わせ、「人と環境に優しい未来の快適なくらしと社会」を実現したいと考えています。

募集テーマ

<1.未来へ繋ぐモビリティ>
IoT関連のデバイスや部品の開発、新素材や新原料を使った商品開発、物流ソリューションの提案に止まることなく、無人化による車内での快適な過ごし方の提案も展開したいと考えています。

<2.未来へ繋ぐ環境・エネルギー>
人工知能・ビッグデータ・フィンテック・セキュリティー・IoTに注目しており、そのプラットフォームを高効率なエネルギーシステムでの実現を目指しています。また再生エネルギーと蓄エネシステムを中心としたソリューション提供により、ESG(E:環境/S:社会/G:ガバナンス)に沿ったビジネスや環境配慮型商品を展開したいと考えています。

<3.食の未来を創る>
農家の⽣産性向上に寄与する農業資材、⽜⽤飼料、管理ソフトウエアおよびデバイス/センサーの開発、自社農場における大規模栽培から流通までの新たなプラットフォームの構築、環境対応型素材の開発などを実現したいと考えています。

<4.印刷の未来を創る>
印刷分野は既に成熟した市場であり3Dプリンターも色々と課題が多い市場ですが、その課題を解決すべく新たな技術でのビジネスを創出したいと考えています。

<5.未来のくらしを創る>
労働力不足や働き方改革が進む中、ライフスタイルも多様化しており、様々なステージの人がイキイキと活躍できる社会環境を実現したいと考えています。

<6.未来へ育てるライフサイエンス>
iPS細胞を用いた再生医療を中心とした先端医療分野や細胞治療、各種医療機器分野において新たなビジネスを展開したいと考えています。

応募条件

国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。

応募期間

2019年7月8日(月)~ 2019年7月19日(金)

主催者名

稲畑産業株式会社

URL:https://creww.me/ja/collaboration/inabata-2019-6

関連記事

Innovation Program 2019|2019年開催アクセラレータープ...

AI.Accelerator|2019年開催アクセラレータープログラム

Aichi Open innovation Accelerator|2019年開...

第3期MURCアクセラレータ LEAP OVER|2019年開催アクセラレーター...

スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA|2019年開催アクセラレータープ...

HAX Tokyo|2019年開催アクセラレータープログラム

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ