fbpx

第3期MURCアクセラレータ LEAP OVER|2019年開催アクセラレータープログラム

プログラム概要

日本はいま、人口減少の状況にあります。出生数の減少や高齢者の激増、労働人口の減 少といった人口構造の変化が社会構造にも大きな影響を及ぼしています。

既存の社会シス テムに摩擦が生じ、(特に地方・地域の)あらゆる産業、コミュニティが新たなシステムへ の転換を求められています。 我々はこれを社会構造変革のチャンスと捉え、IoT、AI、Robotics 等の「テクノロジー」 を活用し、 「一次産業をはじめとする地域産業」、「地域社会インフラ」「地域コミュニテ ィ」の新たなあり方を提示し、社会構造を変革したいと考えています。

その一環として、圧倒的な技術力や着想、スピード感をもって社会変革に挑むスタートア ップを応援してきました。

スタートアップ、大企業、自治体等が繋がり、共に社会変革を 起こす姿を目指します。

募集テーマ

01. IoT・データ活用による高付加価値農業の実現
02. 流通構造の改革
03. IoT・ロボティクス活用による、品質・収穫・受発注管理の自動化
04. 気候変動・異常気象等によるボラティリティの最小化
05. 建設業における生産性の向上
06. 老朽化する道路や橋梁その他構造物の管理・修繕・補強の自動化および省人化
07. 高齢化、多能工化、多国籍化、unskilled化する建設業従事者の安全性向上
08. 女性活躍のための子育て支援
09. ダイバーシティ・インクルージョンの実現(マイノリティ受け入れ・育成等)
10. 働く人の心身の健康維持や身体機能増進
11. スキル・価値のデジタル化による地域・業種を超えた最適マッチング
12. デジタル技術を活用による地域経済(商店街等)の活性化
13. 医療・介護へのデジタル活用、未病への取組み
14. 地域モビリティインフラの整備

応募条件

・アイデアレベルのものから、サービスインしているものまで、事業化状況は問いません。

・一次選考通過者は9/21~23(うち2日間)予定しているBoot Camp兼二次選考に必ず参加すること。採択された場合、本プログラムに優先的に参加できること。

・本プログラム期間中に、サービスまたはプロトタイプを作成する能力があること(外部のリソースを活用しても構いません)。

・自社以外の事業会社や自治体との連携、リソース(実証フィールド・販路・ブランド等)提供によるPoCを期待していること。

・2次審査までに履歴事項全部証明書・印鑑証明書(ともに3ヶ月以内)、決算書(可能な限り2期分)を提出すること。

・ビジネスプラン内容が公序良俗に反していないこと。

・反社会的勢力に該当すると認められる場合は、お申し込みを受付することができません。

応募期間

2019年7月1日〜2019年8月23日まで

主催者名

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

URL:https://www.digitalsociety.murc.jp/leapover/murc_accelerator_leapover/index.html

関連記事

稲畑産業アクセラレーター2019|2019年開催アクセラレータープログラム

Aichi Open innovation Accelerator|2019年開...

TOHOKU GROWTH Accelerator|2019年開催アクセラレータ...

KDDI ∞ Labo(KDDIムゲンラボ)次世代プログラム|2019年開催アク...

スタートアップ・イニシャルプログラムOSAKA|2019年開催アクセラレータープ...

TOKYU ACCELERATE PROGRAM|2019年開催アクセラレーター...

融資審査突破率92%の
事業計画書作成代行

融資の手続きは
書類作成・書類提出・面談など
意外と面倒なことが多く、
自分で融資審査を受けると突破率50%程度。

Scheemeでは提出書類作成や面談を
「融資の専門家」がたった5万円で
銀行融資に特化した事業計画書を作成!

無料相談はこちら

事業計画書メディア ‒ スキームマグ