事業計画

創業者のこれまでの経歴や事業戦略など数値計画では書くことができない「事業性評価」のポイントとなる計画書を作ることができます。

ガイドに沿って入力するだけでカンタン作成

作成方法はとてもカンタンで、①〜⑨の項目をガイドに沿って順番に入力していくだけでOK。項目ごとに補足説明も記載されているので、記入する際に参考にすることができます。

この事業を始めるにあたり「なぜやりたいのか、そしてこれまで身につけたスキルを生かして起業する」ストーリー立てすると良い事業計画書ができるでしょう!

日本政策金融公庫や銀行の融資に対応

日本政策金融公庫や銀行からの創業融資にも対応しています。

創業時に借入をする場合には、必ず審査担当者が納得する事業計画書の提出が必須です。

Scheeme事業計画書は融資を受ける際に、重要な項目を抜粋しており、審査担当者が知りたい内容をシンプルかつ綺麗にまとめています。

業種別のサンプル書類を参考にできる

Scheemeでは美容室・居酒屋・カフェなど様々な業種の事業計画書サンプルを公開しています。

どのように記載したらよいのか分からない場合にも、各業種の事業計画書を参考にしながら作成することができます。

作成した事業計画書をダウンロード

創業融資を受ける時に必要な書類として提出するために、作成した事業計画書をPDFでダウンロードすることができます。

印刷して使用することはもちろん、メールに添付することも可能です。

創業融資や事業計画書、業者見積など
起業準備なら起業クラウドScheeme

2つの項目を埋めるだけ!
今すぐ起業開始

起業/融資に関するご相談は、お気軽にお電話ください